So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ベルダンディー胸像 完成~ [キット製作など]

1体UPしました
リューノスさんのベルダンディー胸像です

懐かしいですね~
かなり昔のキットですが
傑作キットの一つなのでしょうね
今見ても古臭さを感じないのがまたスゴイ・・
ほどよいサイズ感でバランスがいいですね
このまとまり感は流石ですー

造形自体はキレイですが、パーツの方は昔ながらの
型ずれで、派手に各パーツ段差がありました
まあ全然許容範囲内なんですけどね
そこは昔ながらのガレージキットな感じです

色ですが、今回はご要望で完成見本を模す方向で
まとめさせていただきました
グラデーションなどもオーソドックスな感じで
全体的につや消し仕上げです
ピンクの飾りのみアクセントになるよう、
蛍光ピンク+パープルパールでつや有りです

それではこちらからどぞ ベルダンディー胸像
P4105872a.jpg


パシフィック・リム アップライジング
早速観てきやしたー

ちなみに前作同様、吹き替え版の方を選択
普段は字幕派なんですが、声優の配役も悪くなく
絵をじっくり観れるという意味で良いと思いました
個人的には黒人の主人公の声は、ちょっとカッコよすぎ
か~なと思いますが・・
でも、全体的に安定の声優陣ですから
吹き替えのクオリティは高かったと思います

これから観る予定の人、情報を入れたくない人は
以後バッサリとスルーして下さい


率直な感想は、すごい無難な感じ
可もなく不可もなく・・・という感想になりますかね

前作への思い入れや、観た時のあのテンションというか、
それ以上の何かを期待すると、ハードルが上がってる分
いろいろ残念な気分になるかもです
ココぞという時のメインテーマもイミフなアレンジで
何それみたいな残念感

私の場合は、一番最初に公開された予告を観て
コレはもしかしてダメなパターンかも・・・という直感、
不安がそのまま当たってしまった気分でした

何ていうか上手く言えないのですが、マニア向けじゃなく
どちらかと言えば一般向けに薄めた印象と言うか
より商業的な作品にしてしまったと言うんですかね・・(伝わらんかな~)
前作より洗練されたロボットがたくさん出てきてカッコいいでしょ~的な
トランスフォーマーにも同じ事が言えるんですが、な~んか
デザインがおもしろみに欠ける方向に行ってしまったかなと
悪くいうとスマートというかカッコ良すぎなんですよね
まあそれが一般受けを狙ってのことなんだとは思いますが
(あくまでも私の考察ですが)

個人的には、前作に感じた湧き上がる高揚感を残念ながら
感じることが無く
客観的に観て全然ダメってわけではないんですが
期待しすぎたかな~というところなのかもしれません
まあ何でも一番最初に体感した感覚が一番ですしね・・
それは仕方がないと思います

細かく言いませんが、イエーガーもカッコいい場面は
沢山ありますし、迫力もあります
映画館で観て損をしたという気もありません
個人的には怪獣と戦うより、イエーガーVSイエーガーが好きでしたが
仲間のメカでは主人公機のジプシー・アベンジャー以外はあんまり
目立ってないのが勿体なすぎです(ていうか出番が少なすぎ・・)

メカ好きの自分からすると、ギミックに拘ると言うか
見せ方がちょっと物足りないし、あっさりしてた気がする
前作のように出撃するシーンだとか、武器の見せ方とか
もっと作り込んで欲しかった~

最終決戦は特殊武装とか、重火器フル装備とか
なんかプラス要素が欲しかったですね

特に不満なのは出撃シーン
今の100万倍拘って丁寧に描いて欲しかった~
ロボットモノと言えば出撃シーンが見せ場だと思うんですよね
パイロットがそれぞれ気持ちを高めて、乗り込むところから
始動し始めるところまで
ギミック含めちゃんと見せて欲しかったです
4体分そのシーンを描くだけでも、個人的には点数バク上げですわ
ロケットで飛ばすだけとか、見たいのはそこじゃねえでしょと
訓練生のスーツデザインや扱いもなんか・・

やべーなんか単に愚痴になってますね
やっぱり期待しないで観ようとしても、めちゃくちゃ期待して
観てしまってるなと、書きながら感じました
なので、あんまり私の偏った感想は気にしないでください
決して、つまらなかったわけではないのでー

次回あればまた観に行く気は満々です!

お話に関しては何も言いませんー
わかりやすいお話ですから
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チェルミナートル 完成~ [キット製作など]

もう4月ですよーーー
ということで1体UPしました

コトブキヤのチェルミナートルです

久々のプラキットです
サイズはノンスケールですが、ガンプラで言えば
MGサイズくらいでしょうか

コレも写真より実物の方が全然カッコいいです
全体的にシャープでダルさはなく、パーツの色分けも
しっかりしているのでパチ組でもそれらしく仕上がると思います

ガンプラにあるバンダイ特有のエッジがないので、
エッジがもっさりせず面がシンプルに見えるからか
シャープで良い気がします
ついでに、ヒケもあんまり目立たない気がします

組みやすさは、若干ガンプラの方が上かも
塗装する場合、ガンプラ(MG)の場合は何も考えず
パーツを仕上げていっても問題ないんですが
このキットの場合、関節部分など後ハメ式ではないので
手順は少し考えないとダメです
私の場合は、後ハメ加工出来るところはそう処理しながら
組んで行きましたが、無理なところもあったので、
その辺のパーツ構成のみ惜しいな~という感じですかね
少し手間なだけで問題はないです

塗装ですが、大変だったのが迷彩(見たままですが)
キットにはその迷彩パターンのデカールが付属していますが
今回はマスキングして塗装で表現しました

本体の迷彩のグレーはクレオスの337+ホワイト+コバルトブルー少々
本体の紫っぽいグレーは337+ホワイト+パープル+マゼンタ少々
足首、腰のパープルはその本体色(紫の方)+黒+パープル
その他メカ色はクレオスの37+ホワイト+レッド少々
センサー系はシルバー地にガイアの蛍光オレンジ+クリアオレンジ
武器はクレオスの40にホワイトと他にいろいろ加えた記憶が・・

カラーレシピはそんな感じどす

それではこちらからどぞ チェルミナートル
P3315764a.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レナ・セイヤーズ 完成~ [キット製作など]

ようやく暖かくなってきて
過ごしやすい気候になってきましたね
ということで1体UPしました

G-DOMEさんのレナ・セイヤーズです

サイズは1/6とまあまあデカいです
肉感的なプロポーションと躍動感のあるポージングで
とても立体映えする造形だな~という印象です

写真で見た印象より、実物の方がはるかに良い印象です
やっぱり立体物は実際にモノを見ないとわからんですね・・
っと言っても写真で見た印象が悪かった
という意味ではないですよ

キットですが、パーツ数は必要最低限という感じですが
パーツも良好でとても組みやすかったです
個人的にはV字のグリーンとレッドの部分は別パーツにし、
その部分と背中の羽をクリアパーツにしてくれていたら
更に完成度UPで言うこと無し!って感じでしょうかー

塗装ですが、いろいろ資料をいただいていたので
それらを参考にまとめさせていただきました

衣装部分は全体的にツヤ有りにしました
迷ったんですが、そっちの方があってるかな・・・と
パールなども使用せずグラデのみです
首、腰、足首、手首などの白い部分はパールです
写真ではわかり辛いですかもですが
あと、背中の羽もパールです
ホワイトパールで仕上げた後、クリアグリーンで
グラデ塗装しました
V字のところはグリーン、レッドともにキャンディです

それではこちらからどぞ レナ・セイヤーズ
P3155683a.jpg


今週のドラゴンボールすごかったですね
まさに神回
特に作画も気合い入りまくりでヤバかった~
アニメはやっぱし手描きだな~としみじみ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ルーラー 完成~ [キット製作など]

3月に入りましたが、1体UPしました

T's systemさんのルーラーです

キットのパーツ構成は、オーソドックスな感じで
組みやすかったです
スカートと髪の毛は継ぎ目消しが必要でした

あと、胸元のクサリがパーツ化されていないので
自分で自作するか代用品を用意する必要があります
今回はよさげな代用品が無かったので、0.8mmのアルミ線
を竹串に巻きつけ自作しました

瞳デカールはついてるのに、クサリは丸投げかい~っ!って
せめて何か注釈くらいは入れておいてほしかったところですね
パーツがどこにも見当たらずちょっと焦りましたよ・・
まあガレージキットなので、こまけぇこたぁ~いいんだよ
って感じでしょうかー

塗装ですが、いただいていたイラストと完成見本を参考に
オーソドックスな感じに仕上げましたが
色のバランスは注意しました

服やスカートは薄いブルー(ほとんど白)の下地に
紫っぽいグレーを乗せていく感じでしょうか
下地を薄いピンク系にして青紫系のグレーを乗せていくのも
ありかな~というところで少し悩んだところです・・
胸元の服はブルー、足はレッドの色味を若干に加え
少し色味のバランスを変えました
個人的に、この3つの色のバランスが難しいところでした
キャラのイメージ的には、ほぼほぼ同じ色調なんですよね・・
あとは、裏地のみ軽くブルーパープル系のパールをコートしました

鞘と剣のグリップはアクセントになるようメタリック系
(キャンディ)にしてみました
ちなみに鎧のシルバーはガイアのEXシルバーです
やっぱし鎧モノってカッコイイですなー

それではこちらからどぞ ルーラー/ジャンヌ・ダルク
P2265563a.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ターニャ 完成~ [キット製作など]

1体UPしましたー

覇車さんのターニャです
キットの作りとしては、オーソドックスで
作りやすかったです
パーツの合いも問題なしです
サイズ的には小さいですが、丁度いい密度感といいますか
バランスがいいといいますか、気持ちいいサイズ感だと思います
ネームプレートも付属されておりカッコいいですねー

塗装ですが、ミリタリー感を少し意識しつつ仕上げてみました
まあ、あえて少しラフに仕上げただけとも言えますが・・
写真では照明の加減でわかりづらくなっていますが
服のシワも浮き出るよう意識してます

髪も細かい造形だったので、メリハリつけてみました
白に少し肌色を加えた色で下地を作り、エナメルのイエローを
ベースに調合した黄土色をドバっと塗り、乾燥後拭き取りますが
キレイには拭き取れず、丁度いい塩梅の黄色になってくれます
で、その後つや消しクリア+ホワイトパールをドバっとコート
して全体を馴染ませました

ベース台ですが、完成見本ではヒストリカルフィギュア系の
木製調になっていますが、朽ちた石碑のようにとご要望を
いただいたので、その様仕上げています

キットのパーツのままですと、表面はツルツルなので
家庭様パテを水に溶いて、スポンジで塗りたくり表面を
荒らしました

色はベース色はグレー系で、あとは適当にエナメルで汚し
ていきましたが、今回は主にコケやカビた感じを意識しましたかね・・・
雨風に長年さらされ、朽ちてじっとりした感じと言いますか
そんな感じ意識してます

それではこちらからどぞ ターニャ・フォン・デグレチャフ
P2125479a.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

セイバー神話礼装 完成~ [キット製作など]

2月に入りましたがあっという間ですね
昨日はスーパーブルーブラッドムーンという
カッチョいい名前の月でしたがこちらは雲だらけで
まともに見れませんでした・・
YouTubeに沢山動画が上がってるので興味ある人は見てみてわ
でも、こういうのはやっぱり実物じゃないとね・・

ということで1体UP出来ました
牛肉王城のガーデンさんのセイバー神話礼装です

全身メタリックで、とても模型(立体)映えする造形ですね
キットですが、パーツの取り付け位置が確定してるものと
少しファジーな場所が混在していて、製作は少々苦労しましたが
完成すると、お~って感じです

スカート周りは、デザイン上仕方がない感じもしますが
腰アーマーとシマシマのスカートアーマーの位置がファジーな作りなので
手間でも最初にパーツ同士干渉するところなど確認、すり合わせして
おいた方がいいかなと思います

4つある宝石部分は、デコなどに使われるスワロフスキーではなく
ジルコン石というキレイな石がキットに付属されており
めっちゃキレイです
この石があるのと無いのとでは見映えが全然違いますねー

塗装はゴールドに始まりゴールドに終わる感じなので
これといった説明もないですが・・・一応簡単に
金はいつもどおりクレオス9番のゴールドです
質感的には素晴らしいですが、塗膜は少し弱め・・
あとは塗膜が今より強固になれば、現時点ではコスパ含め
個人的には最強の金塗料なんですけどね~
まあちょっと触ったくらいで剥がれるわけじゃないんですが
ゴシゴシ手で擦ると確実に剥がれていきますね
なので、組み立てる時にはかな~~り気を使います

スカート(下側の)の金はわかりづらいかもしれませんが
ブロンズ+ゴールドのパールで少し色味変えてます
赤はキャンディレッドですが、クレオスのシルバーの下地に
ガイアのクリアレッド+蛍光オレンジ
その後つや消しクリアでツヤは少し落としてます

今回は重い感じがいいかなと思いキャンディーにしましたが、
色味重視で行きたい場合は、赤の下地にパール+クリアカラーという
選択肢もありますね

それにしても完成するとギラギラですな
派手なのは嫌いじゃないですー

それではこちらからどぞ セイバー 神話礼装
P2025359a.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キャスター 完成~ [キット製作など]

今年2体目になりますがUPしました
ていうか、時間の流れやっぱり早えですね
もう1月も下旬ですやん・・

ということで猫の小判さんのキャスターです
いや~これは思ったより時間食いましたー
特にどこが難しいとかそういうこともなかったんですけど・・
なかなか計算通りに行かないものですね
サイズが1/6なので、なかなかボリューミーで
作りごたえありますし、見映えも良いですー

全体的に作りはオーソドックスな感じですが、
しっかりしていて作りやすかったです
尾っぽは巨大なので、軽量化のためでしょうかね
2パーツ構成で中空になってるので継ぎ目消しが必要です
あと、両腕の青い部分と髪の毛のもみあげの一部も
継ぎ目消しが必要です
(もみあげはしなくても目立たないと思います)

鏡ですが、完成見本と同じホログラムシートを貼りましたが
なんか完成見本と違って見えますね・・・
まあキラキラしてキレイなのでOKとします
鏡の枠ですが、少し隙間が出来たのでプラ版を挟んで埋めました

色ですが、いただいたキャライラストと完成見本を
参考にまとめましたが、各グラデーションを意識して入れて
いるくらいで、全体的につや消しでオーソドックスな仕上げに
なったかなと思います

青い部分は、明る目の青い下地にクレオスのスージーブルー
をベースに作った濃い目のブルーグレーでグラデを入れ
その後、クリア系の青紫を乗せて色味調整(少し彩度UPの意味で)

帯の模様はファレホの金でチマチマと手書きして
クリアブラックを重ねて馴染ませました
ココはデカールとか付けてくれるとありがたかったですが
それは贅沢な話ですかね~
御札と瞳のデカールはついていたので、ついでにあったらな・・と
最近、瞳のデカールが入ってるキットが増えた気がします
ということはニーズあるんでしょうね
素晴らしい気づかいだと思いますー

それではこちらからどぞ キャスター ~玉藻の前~
P1205253a.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あけおめそして、北領奇譚 完成~ [キット製作など]

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いしますー

ということで、小抹香keさんの北領奇譚です

写真で見た段階でも、スゴイ存在感を放っておりましたが
実際に組ませていただくと、やはりすごい造形でした
思っていたよりもサイズは大きく迫力もありました

パーツもゴロッとした塊を想像していましたが
結構細かく分割されており、塗装もしやすかったです
口の中も別パーツ構成で合わせると、お~かっけ~って感じです

今回は完成見本を模す方向で、追いつけ追い越せな感じで
仕上げさせていただきました

塗装工程にもよりますが、今回は筆塗り主体で仕上げたので
ほぼマスキングしてません
基本的にはウォッシング(エナメル)とドライブラシ主体で
特別なことはやってませんが、いろんな質感が混在している
ので、それぞれの質感を念頭に起きながら塗っていくと
いいんじゃないでしょうか

女の子の顔、髪、服のふさふさは白、それ以外は全て黒ベースで開始
それぞれのベース色をエアブラシで塗装後、筆で色を乗せていきました
パーツには、それぞれしっかりモールドが入っているので、
そのモールドを活かし、浮き立たせるよう意識して色を乗せれば、
質感も勝手に出てくれると思います・・・多分

女の子の顔はキレイに仕上げたかったので、いつもの要領で
エアブラシ主体で、瞳まわりは筆です
パツキンと青い瞳は、男のロマンですね
ふつくしい~
ということで、機会があれば是非手にとって見てほしい
一品でございましたー
う~ん、かっちょいい~

それでは、こちらからどぞ 北領奇譚
P1025177a.jpg

あと、年賀用にらくがきがてら描いてみたアイアンマンマーク15です
大き目のやつは コチラ
mk15.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大晦日 [ひとりごと]

は~今年もあと数時間ですね
年内にもう1体UPするつもりでしたが
タイムアップのようです・・
一応1体完成してるので、また年明けにUPしたいと思います

ということで、今年も大変お世話になりました
まだ着手できていない依頼品がたくさんありますが
気長にお待ち下さいませ
引き続き来年も、模型三昧の年になりますように~

それでは良いお年を!
IMG_20171231_010838a.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

遠坂凛Lingerie ver. 完成~ [キット製作など]

また間が空いてしまいましたが、UPできました
なんやかんやで、いつも12月はバタバタしてます・・
なんかそんな空気ですよね12月って
ということで、CREA MODEさんの遠坂凛Lingerie ver.です

椅子は、ふんだんにクリアパーツが使われていてキレイですね
背もたれの赤い部分も丁寧に別パーツになってます
パーツの合いも悪くなく問題なく組めましたが、説明書にも
書かれているよう、椅子の背もたれと髪の毛が干渉して、
ピタッと座れないので完璧を目指すなら、髪の毛をかなり削るか
背もたれの調整が必要です
今回は、特に大掛かりな調整はしてませんが普通に
写真のように収まりました

塗装ですが、色はご要望に基づき仕上げさせていただきました
全体的にオーソドックスな感じですかね

茶色の部分は、少し透けた感じというかなめらかなグラデーション
が欲しかったので、肌色の上からGXクリアブラック、ブラウンなどで
で調色したクリアカラーを重ねて表現しました
ニュアンス的には、少し前にやった日焼けと似たような
感じでしょうか・・もちろん色は違いますが

髪の毛は、ベタっぽくならないよう気を使いましたが
黒髪ってムズいですよね!
ハイライトを明るく(白く)しすぎると黒髪に見えなかったり
メリハリが付きすぎると、くどい印象になるし・・
でも黒ベタだと重く単調に見えるしと、バランスが難しい~

椅子のゴールドは、言わないとわからないと思いますが
黒地にパールのゴールドでワントーン暗めのゴールドにして
彫刻が浮き立つようにしたく、8番のゴールドを全体に
ドライブラシしてます
なかなか風合いのいい質感にできたかなと思いますー

それでは、こちらからどぞ 遠坂凛Lingerie ver.
PC184993a.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -