So-net無料ブログ作成

シン・ゴジラ観てきたで [ひとりごと]

ザクキャノンをUPしてもうこんなに時間が経ってたと気付き
時間経つの早っと焦ります
一応1体完成してるんですが来週中にはUPできるかと・・・

ということで、やっとシン・ゴジラ観てきました
うわさ通りおもろかったです!
以下、ネタバレもあると思うのでこれから観る人は読まない方がイイかもです

観終わって最初に思ったのがこれは日本人にしか、もっと言えば
庵野監督だから撮れた作品じゃないのかいうこと
今までのゴジラ映画とはノリが違うというかなんというか
原点に立ち返りつつ俺ならこう撮る!ってのが伝わってきましたね

あの政府の奇妙な空気感だったり、事が淡々と進むさまは日本人にしか出せない
感覚なんじゃないかなと思うし、それを海外の人にはどう映るのか興味深いところです
ド派手な映像でガンガン見せるという点では、ハリウッドには勝てないところも
正直ありますが、そこは見せ方です
見せ方が悪くなければ、日本の映画でもココまで出来るんだなと
見せつけられたので正直そこは嬉しかったです
いや、正確にはビックリですね!
個人的に思ったのが、カメラアングルと遠景の使い方がすごく効いてるな~と

テレビやラジオでよくおもしろいと言われてたんですが、あまり過度に期待せずに
観に行ったんですが、まさか開始早々に笑いがこみ上げてきて、
そこからなんというかワクワクしてしまいました
トンネルの天井から血?がドバっと出てきた時は思わず笑ってしまい
コレは噂通りおもしろいかもと感じました

政府関係の人や専門家はみんな早口だったり、こんな緊急事態にちょこちょこ
会議室が変わったり、日本人(政府)のクソ真面目なのになんか間抜けな感じで
お前らやる気あんの?ってところやアメリカ政府の横暴ぶりなど軽くディスったり、
そういう人のやり取りを面白おかしく描いてるんですが、なんかそこが逆にリアルに
感じれたりで、そういう描き方も関心しながら笑えました
それでも、最後は自分たちの国は自分たちで守るっていう強い思いが全面に
打ち出されていて良かったです
今の日本人が持つべき信念がメッセージとして個人的に強く感じたところですね
(この辺は人それぞれでしょうけど)

アメリカがゴジラ殲滅のために東京のド真ん中に核をぶち込もうというところは、
アメリカと言うよりハリウッド映画のノリを完全にディスってる気がしましたね~

激闘の末ゴジラを倒した(正確には凍結)後も、普通の作品ならヤッホーー!と
歓喜にわくのがありがちな絵面、見たい場面なんですが、この作品はそうじゃなく
ようやく終わってくれた・・
という描き方なのも、なんか日本人ならではな感じがして良かったですね

ゴジラのデザインは賛否あるかもしれませんが無表情で無機質な感じも
非情な殺りくマシーンな感じで好きですね
何より最初に上陸してきたゴジラの姿にビックリでした
というか一瞬ゴジラじゃないと思わされましたが
あれは完全にやられました!
あの第2形態の不完全な姿がデザイン的には一番怖かったです

あとは、ゴジラの火炎放射ですが画的には一番の見せ場?
一瞬で街が火の海になってコレもめっさ怖かったです
画的にもスゴイ迫力で圧巻でしたね
怖いけどカッコいいというかキレイというか見入ってしまいましたね

最後の尻尾は、??と思いましたが個人的には核兵器へのアンチテーゼなのかなと
直感的に思いましたが、説明も無かったのでホントの理由はよくわかりません~
またネットで調べてみますかね・・
ていうか、それよりメイキングが見たいっすね
いや~それにしてもここまでおもしろいと思わんかったです!
ハリウッドゴジラも好きでしたが、まだまだジャパンプライドありますね!
この作品は作り手の生き様がいろいろ込められてて、カッコええです
少なくとも自分にはそういうの伝わってきましたね

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0