So-net無料ブログ作成

狂戦士 完成~ [キット製作など]

ようやくUPしました
GECCOさんの狂戦士です

うちのギャラリーには珍しい系統の一品ですが
依頼があればこういうのもやりますです

キットの内容ですが、パーツ構成自体はあっさりですが
ゴロッとしたパーツ単位でも造形が堪能でき見ごたえありますね
マントのみ継ぎ目を消して、モールドを復元させる必要がありますが
粗目のモールドなのでそんなに難しくは無かったです
組み上がるとそこそこ大きく、迫力があってカッコいいです

完成見本が鬼のような仕上がりなので、どこまで追いつけてるか
わかりませんが、試行錯誤しながら仕上げました
塗り分け自体は複雑ではないので、単調にならない、
かつ存在感のある塗りを念頭に・・・
あとは、ご要望でいただいてましたが”生々しい感じ”も強く意識しました

大きく分けて本体の鎧、大剣、マント、ベースの岩の4つを
それぞれ違う質感が出せれば、模型的に見栄えも良くなるかなと
思ったのでそんな方向ですすめました

細かいレシピ的なことを書こうと思ったんですが、なんかいろいろ
塗り重ねていったのでよく覚えてなかったり・・
思い出しながら書いてみると
鎧は、黒の下地にブルーパールをドバっと乗せその上から暗いシルバー
をエアブラシで適当に残すよう乗せてウォッシングやらドライブラシやら
エアブラシやらで色を塗り重ねました
意識して無作為的なムラを作り出すというのは、矛盾した言い方ですが
その積み重ねがリアルにつながるのかな~と少し思います

血の表現はタミヤカラーアクリルのクリアレッド+ブラック少々ですが
ブラックの配分の違う2種の赤を用意して使い分けしました
エナメルも試してみましたが、アクリルの方が血に見える気がします
血の表現は、特に大剣はド派手に入れました
切って切って切りまくった為に付いて染み込んだ血だったり
リアルタイムで付いた血だったりさまざまな血を想像して塗りましたが
あまり考えずに大胆に塗りたくり、溶剤を含んだ筆で叩いたり引っ張ったり
拭き取ったりで調整しましたが、ココも無作為的にを意識して・・

いや~なんとも塗りごたえのあるキットでしたがなんとか完成!

それではこちらからどぞ 狂戦士
P9162948a.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0