So-net無料ブログ作成

菱川六花 完成~ [キット製作など]

ということで
一体UPしました
チェリーブロッサムさんの菱川六花です

見た通りとてもシンプルな作りです
スカートと髪の毛の継ぎ目消しを除けば
すんなり完成まで行けます
ただ、シンプルが故に逆に粗が気になったりで
神経を使うところもありましたが・・
基本的には、とても組みやすいキットでした

色ですが、いろいろご要望をいただいたので
それに基づき仕上げさせていただいています
グラデーションの加減も過剰にならないよう
オーソドックスで抑え気味です

瞳は、アニメ系キャラの場合は基本的につや消しに
していますが、ご要望にもありましたのでジェルコートし
つやつやにしています

ちなみに私が使ったのは、瞳用ジェルクリアですが
ジェルクリアは、過去に何度か使っていますが失敗も経験済みです
厚く盛って、UVライトを近くに当てると変に硬化し、気泡が
入ったり表面がツルッとせずキレイに行かない場合があります
薄く盛ってライトも遠目に当てた方が上手く行く気がします
(あくまで私の経験上ですが)
なので、いきなり本番で使わず自分で何度か試してみた方が
失敗回避でき、安全かと思いますー

それから、メガネをつけるというご要望もありましたので
メガネの自作も試みました
輪っかはなんとかなるんですが、柄の部分の右側はなんとか
できたものの、左側は髪が顔にかぶってるのでどうしても
干渉するので髪の造形をイジらないと厳しい~
ということでやり取りした結果、断念ということになりました
まあコレばかりは仕方がないですかね・・・

それではこちらからどぞ 菱川六花
P8134340a.jpg

つい先日スパイダーマンを観てきました
感想は、上手くまとまってたしおもしろかったです
なんかスパイダーマンは乱立していてまたか・・・って感じですが
これはこれで、またイメージ一新って感じで良かったです
なので、予備知識無しでも特に問題ないと思います

今作はキャプテン・アメリカのシビル・ウォーに出てきた
スパイダーマンと同一のものです(話もダブってます)
個人的にはサム・ライミ版が一番好きだったので、それを超えてる
とは思いませんが、今作もキャラ的にも悪くなかったです
アメイジング版は個人的に感情移入しづらくイマイチでした・・

どちらかというとサム・ライミ版がシリアス(笑えるシーンもありましたが)
な感じだとすると今作はコミカルというかユーモラスな感じで
一番キャラ的には子供感満載でしたね
と言っても15歳なのであってると思います

あとは、今作のスパイダーマンはスーツがかなりハイテクなのが
今までと一番違うところでしょうか
でも最後は・・・というところがまたいいです
本編のあとのEDのアニメ(というか映像)も結構好きでした
(普通はそういうところ気にしないかもですが・・)
ちなみに私は字幕で観ましたが、吹替版だとそこで関ジャニの曲が流れるそうで・・

やっぱり洋画は素直に字幕で観たほうがいいかな~と思いましたね
でも、地上波で観る時は、ながらでも見たいので
どちらかというと、洋画は吹き替えで見たいんですけどね
やっぱり作品によりけり、時と場合ですかね・・

次は懲りずにトランスフォーマーを観に行くつもりですが
もうええやろ~って気も半分ありますが、この手のやつは映画館じゃないと
魅力半減なんですよね・・・
どうせ観るなら映画館で観とこって感じでしょうかー

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント