So-net無料ブログ作成
キット製作など ブログトップ
前の10件 | -

ラクネラ・アラクネラ 完成~ [キット製作など]

もう10月も半ばですが早いっすねー
つい先日、道を歩いていたらとある家から
このハゲーー!と男の子と女の子が言い合ってる
声が聞こえてきて、なんか笑ってしまいました
なんだかんだ、今でもテレビの影響力デカイのねと

ということで、1体UPしました
闇夜ノ光さんのラクネラ・アラクネラです

サイズは1/10ですが、結構デカイっす!
パーツは手流し品かなと思いますが、そこそこ気泡も
多くて思ったより時間を食いました
造形自体はシンプルなんですが、足の数がね~

クモの足は節ごとにバラバラなので、ある程度自分の好みに
角度調整できます
今回のもアルミ線でつないでるだけなので
微調整できる程度には動きます
一応、足の角度を調整すれば自立もしますが、不安定
なのと、飾っておくと自重で壊れそうな気がするので
ベース台に浮かせる形で取り付けました
5mmのアクリル棒で支えていますが、安定性だけを
考えればもう少し太くても良かったかもです
見た目にはこのくらいがいいかなと思いますが・・

色ですが、自由にとのことでしたのでキャラのイメージを
壊さない程度に冒険してみました
クモ本体は、造形自体も配色もシンプルなので、
どうしようかかなり悩みましたが、かなり好き勝手に
させてもらい楽しかったです

一言で言えば、”キモキレイ”を目指してまとめてみました
黒ベースで裏側(下面)は青くするってところからスタートし
パーツ単位で塗装→全体を組んでマジマジと考える→バラして再塗装
の繰り返しで少しづつ色を乗せていきました
なので、今回はあんまり説明できない感じです・・

出来る限り、色のつながりを無視するよう色をぶち込んで
行きました
普通なら色のつながりは大事なところなんですが、あえて
無視するよう考えたのは、自分の中の予定調和感から外れた
”キモさ”や意外性も出せたらなと思ったからなんですが、
どうにも自分の中にあるストッパーと言いますか、キレイに
まとめようとするところの方が勝り
そこまで奇抜な色には出来なかったようです(他人事かよー)
依頼品なので、そこまでメチャクチャできないですしね・・

ブッ飛んだ配色だけどキレイだね
みたいなのを目指したかったんですが・・
まあ、自分の中ではそこそこ気に入ってるんですが
どうでしょうかねー

それではこちらからどぞ ラクネラ・アラクネラ
PA144663a.jpg

関係ないですが”身勝手の極意”カッチョ良かったっすねー
ネーミングもいつもと毛色が違ってて意味深な感じです
作画もあの瞬間気合が入ってゾワッときました
念のため、言うとドラゴンボールの話です
ドラゴンボールは最後まで見届けなければという意識で
観てますが、あの回は神回っ!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エイラーニャのSweet Duet 完成~ [キット製作など]

9月ギリギリでの更新ですが
今ぐらいの気候最高っすねー
ということで1体UPしました

グリズリーパンダさんのエイラーニャのSweet Duetです

2体分なので、なかなか豪華でドラマ性のある造形ですね
作りごたえ満点、見映えも良いです
ですが、キットは手流し品?だとは思いますがパーツは型ズレと
気泡かなり多めで作る人は気合いが必要です!
ザ・ガレージキットって感じでしょうか

バーニアもちょっとボロボロだったので、スパンと切り飛ばして
市販のプラパーツに置き換えました
その方が早くて簡単、キレイに仕上がります
頭の魔導針も、型ズレと気泡攻撃で大変でした
個体差あると思いますが、余裕があって完璧を目指すなら
ココは思い切って完全自作した方が良いかも・・

塗装ですが、全体的にはオーソドックスな感じです
キャライメージをつかむために、ネットなどで画像を見ながら
どうするか考えましたが、な~んかどれも色が違う~
本物はどれだって感じですが、最終的にアニメの色味を主軸にまとめ
仕上げさせていただきました

足のメカパーツはどちらも薄くパールを乗せて半ツヤにしました
エイラ(髪が長い方)の方は最初パールも無しでつや消しにしてましたが
な~んか物足りない気がして
悩んだ挙句、サーニャに質感を合わせてみました
ちなみに、サーニャはブロンズ、エイラはブルーのパール乗せてます
個人的にはいい感じになったと思ってますがどうでしょうねー
逆に思い切って、もっとツヤツヤにしてもアリな気もしますが・・

あと、コーションマークのデカールが封入されていなかったので
手描きで対応しました・・比較的簡単な形で助かりました~
とまあ苦労はしましたが、完成するとなかなかの存在感でありますー

それではこちらからどぞ エイラーニャのSweet Duet
P9284573a.jpg

PGエクシアなんか良さげですね
LED仕込んでたりでソソります
色が変化するみたいですけど、PGユニコーンもそれ
やらないんですかね?
千値練の真ゲッター1もめっさカッケーし
なんだかんだで金かかりますな~
でも、今はボークスのシャドウフレアが
一番欲しいんよ~
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

魔法少女 長門ユキ リーシャ・マオ 完成~ [キット製作など]

またまた更新が空いてしまいましたが
2体UPしました
最近、賭ケグルイのEDがずっと頭から離れない・・
徐々におバカ度UPしていく悪ノリ感がおもろいです
じゃばみさんええキャラですね

ということで、サイコロキャラメルさんの長門ユキです
こちらは、過去にも製作させていただきましたが
仕上げにそんなに大きな違いは無いですかね

今回もオーソドックスに完成見本を模す方向で仕上げました
全体的にパーツはキレイなんですが、ギターの細かいパーツ
にはもれなく気泡ありで磨くのに少し苦労しました
ギターの弦はキットに含まれないので、テグスで代用
リベットもメタルボール(0.5mm)に置き換えました

ねこは前回はエアブラシでしたが、今回は筆塗り主体で
やってみました

それではこちらからどぞ 魔法少女 長門ユキ
P9074387a.jpg

次はCtrlZさんのリーシャ・マオです

大きさは1/8でそんなにありませんが、デザイン的に
情報がてんこ盛りな感じで、立体映えしますね
色数が多いので、どうまとめるかがキモだと思いますが
今回は、キャライラストに寄せる方向で
まとめさせていただきました

まあまあ色数が多いので、最初に頭でしっかりプランを
決めるまで時間がかかり手強かったです
昔は塗りながら考える感じだったんですが、その場合
失敗率も高く非効率なので、今は先に頭に完成イメージを
しっかり描いてから塗装に入ります
もちろん、その都度臨機応変にプランは調整します
とはいえ、それでも気に入らない時はあっけなく
塗り直したりしてますが・・・色出しはなかなか深いですね
塗った後に、デジタルのように色調整できる塗料が出てきたら
革命が起きそうですが無理ですかね~

話は少しズレましたが
髪と服(紫の部分)は陰影のグラデーションをキツめに
入れましたが、自分的にはここは一番目立つところなので
メリハリをつけてあげたほうが映えるかなという狙いです

大剣と腕の鎧はすべてメタリック系でまとめました
大剣の宝石部分はクリアパーツなので、キレイに磨いて
底面には光がキレイに反射するようメッキテープを貼ってます
こういうクリアパーツは素敵ですね~

あと、胸の下と腰の赤い紐は見映え的に別パーツにしてあげた方が
いいかなと思ったので、削り取りアルミ線に置き換えました
前垂れの先についてる輪っかも、一体化されてましたが
気泡でボロボロだったので、アルミ線に置き換えました

それではこちらからどぞ リーシャ・マオ
P9074447a.jpg


トランスフォーマーがギリギリだったので急いで観てきました
吹き替えしか無かったので、そちらを観ましたが
やっぱり字幕のほうが良かったかもですね

で、内容ですが・・・
個人的にはシリーズの中では最下位かな~
全体的にとっちらかってるというか、トランスフォーマーの世界観って
そういう話だったっけ?でも、前作の流れならありか?
って思ったり、人間パートの方がメインな感じで、ちょっと退屈な
時間が多い印象だったかもです

オプティマスも存在感無く、変形シーンも一度も無かったような
いや多分無かったと思います・・トランスフォーマーなのに・・
トラックは少し出てましたが
デザインも1作目のようなトラックのパーツが無造作に配置された
ロボというフォルムが好きだったんですが、すっかり
見事なマッチョ戦士ですね
こっちの方が一般的にはカッコイイんでしょうけど・・

今回の見所は言ってしまうと、ネタバレになるのでやめときますが
そこだけ自分の中で唐突に盛り上がってました
あと、新キャラですが執事のロボが結構良かったですね
というかキャラ的におもしろいしズバ抜けて一番立ってました
魚雷はかなりヤバかったです(観ないとイミフだと思いますが)

う~ん部分的にはおもしろい場面があったりするんですが
なぜかイマイチな印象だったのは、自分の中で少し飽きてるの
かもしれませんね・・
次もありそうですがどうしよかな~
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

菱川六花 完成~ [キット製作など]

ということで
一体UPしました
チェリーブロッサムさんの菱川六花です

見た通りとてもシンプルな作りです
スカートと髪の毛の継ぎ目消しを除けば
すんなり完成まで行けます
ただ、シンプルが故に逆に粗が気になったりで
神経を使うところもありましたが・・
基本的には、とても組みやすいキットでした

色ですが、いろいろご要望をいただいたので
それに基づき仕上げさせていただいています
グラデーションの加減も過剰にならないよう
オーソドックスで抑え気味です

瞳は、アニメ系キャラの場合は基本的につや消しに
していますが、ご要望にもありましたのでジェルコートし
つやつやにしています

ちなみに私が使ったのは、瞳用ジェルクリアですが
ジェルクリアは、過去に何度か使っていますが失敗も経験済みです
厚く盛って、UVライトを近くに当てると変に硬化し、気泡が
入ったり表面がツルッとせずキレイに行かない場合があります
薄く盛ってライトも遠目に当てた方が上手く行く気がします
(あくまで私の経験上ですが)
なので、いきなり本番で使わず自分で何度か試してみた方が
失敗回避でき、安全かと思いますー

それから、メガネをつけるというご要望もありましたので
メガネの自作も試みました
輪っかはなんとかなるんですが、柄の部分の右側はなんとか
できたものの、左側は髪が顔にかぶってるのでどうしても
干渉するので髪の造形をイジらないと厳しい~
ということでやり取りした結果、断念ということになりました
まあコレばかりは仕方がないですかね・・・

それではこちらからどぞ 菱川六花
P8134340a.jpg

つい先日スパイダーマンを観てきました
感想は、上手くまとまってたしおもしろかったです
なんかスパイダーマンは乱立していてまたか・・・って感じですが
これはこれで、またイメージ一新って感じで良かったです
なので、予備知識無しでも特に問題ないと思います

今作はキャプテン・アメリカのシビル・ウォーに出てきた
スパイダーマンと同一のものです(話もダブってます)
個人的にはサム・ライミ版が一番好きだったので、それを超えてる
とは思いませんが、今作もキャラ的にも悪くなかったです
アメイジング版は個人的に感情移入しづらくイマイチでした・・

どちらかというとサム・ライミ版がシリアス(笑えるシーンもありましたが)
な感じだとすると今作はコミカルというかユーモラスな感じで
一番キャラ的には子供感満載でしたね
と言っても15歳なのであってると思います

あとは、今作のスパイダーマンはスーツがかなりハイテクなのが
今までと一番違うところでしょうか
でも最後は・・・というところがまたいいです
本編のあとのEDのアニメ(というか映像)も結構好きでした
(普通はそういうところ気にしないかもですが・・)
ちなみに私は字幕で観ましたが、吹替版だとそこで関ジャニの曲が流れるそうで・・

やっぱり洋画は素直に字幕で観たほうがいいかな~と思いましたね
でも、地上波で観る時は、ながらでも見たいので
どちらかというと、洋画は吹き替えで見たいんですけどね
やっぱり作品によりけり、時と場合ですかね・・

次は懲りずにトランスフォーマーを観に行くつもりですが
もうええやろ~って気も半分ありますが、この手のやつは映画館じゃないと
魅力半減なんですよね・・・
どうせ観るなら映画館で観とこって感じでしょうかー

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

るみなちゃん 完成~ [キット製作など]

製作代行の件ですが
この度も多数のお問い合わせ、ご依頼ありがとうございます。
製作代行の受付を再開したばかりなんですが
すでに依頼数が一定数に達しましたので
大変申し訳ありませんが、ひとまず受付を休止
させていただきます

現在、お問い合わせいただいた分はお請けできますので
ご検討下さい

お請けしました分は、順次責任を持って製作させて
いただきますので、それまで気長にお待ち願います


ということで、2体UPしました
コブラ会さんの、るみなちゃん2体です
コブラ会さんと言えば、爆乳キャラのイメージでしたが
こういう系統も行くんですね~
エロ造形のあくなき探求者ですね

それはさておき、キットですがパーツ構成は簡単
と言いますか、ほぼ全裸なので当たり前ですが・・
水着も別パーツなので、一応どちらも全裸にも出来ますが
今回は水着は固定してます

水着のひもはキットに含まれないので、各自で考えて
再現しなければなりません
完成見本では、着脱のことも踏まえ?ビニールテープで
再現されているようでしたが、今回はプラ材で再現しました

塗装で肝になるのはやはり日焼け表現でしょうか
よく考えてみると、今まで褐色肌の表現はありましたが、
日焼けの表現ってやったこと無かったんですよね
正確には、日焼けあとの表現をしたことがなかった
ということです
なので、試行錯誤しながら塗装しました

その日焼けあとですが、当たり前ですがマスキングテープで
マスキングして塗装すると色の境目はボケてくれないので
マスキングラインは浮かせる必要があります
なので、今回はマスキングに練りゴムを使いました
まあ・・・普通ですね
でも、練りゴムだからボケてくれるとあまり過信せず境目は
自分でボカそうと意識して塗装することが大事かなと思います

色は、通常の肌色塗装をした後、上からクリアカラーで
日焼け色を表現しました
GXクリアブラウンをベースにGXクリアピンク、GXクリアオレンジ
を加えながら調色しましたが、希釈の割合や吹き重ねる度合いで
色味も変化するので、自分でテストピースしながら色調整しました
あと、色が濃いならクリア(無色透明)を加え色を薄めます

クリアカラーは、色ムラにもなりやすいわけですが
日焼け表現の場合、それが逆にいい方向に作用され
生っぽい肌の質感が得られる気がします
日焼けの濃さもコントロールしやすいですが、失敗も
しやすいですね(私は初回失敗しました・・)

それではこちらからどぞ るみなちゃん&るみなちゃんver.2
P7184296a.jpg



製作代行の受付を再開しました [キット製作など]

長らく休止中でしたが
ようやく、製作代行の受付再開できました
またよろしければお願いいたしますー

もし、依頼数が一定を超えてしまった場合は
ふたたび受付の休止とさせていただきますが
あらかじめご了承下さい。

ご不明な点などもありましたら、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ、見積もりなどはこちらから


現在数体製作中ですが、2体ほどほぼ完成しているので
問題がなければ、また近々UPさせていただきます

琥珀 [キット製作など]

7月に入りましたが、暑くなってきましたね・・・
やっぱり夏苦手です

ということで1体UPしました
クルシマさんの琥珀です
見ての通り全裸でございます
でも、個人的には下品な感じではなくキレイな印象

キットですが、両腕両足が別パーツなのですが
腕パーツは腕輪で腕の接合部を目立たなくする構成になってます
ご要望で、その腕輪を削り継ぎ目消しを行っています
両足は継ぎ目消しが必要ですが、今回の写真にはありませんが
継ぎ目消しをしなくても、キット付属のタオル(布)で
隠せるようになっています

塗装ですが・・肌は色白でというご要望でしたのでシャドウは
薄めにしています
桶ですが、木目はエナメルの茶系で手描きしクリアコート

kohaku00.jpg
kohaku01.jpg
kohaku02.jpg
kohaku03.jpg
kohaku04.jpg
kohaku05.jpg
kohaku06.jpg
kohaku07.jpg

しばらく休止中の製作代行の受付ですが、7月中には再開できそうです
またよろしければ、その際はよろしくお願いいたします

天城・改 完成~ [キット製作など]

また間が空きましたが1体UPしました
MINEさんの天城・改です

ノンスケールということですが、印象的には1/7ほどでしょうか
派手さはないですが安定した造形ですね
キットですが、気泡はそれなりにありましたが、
パーツの精度は悪くなく問題なく組めました

塗装ですが、全体的につや消しでオーソドックスな仕上がりです
色味はご要望でいただいたキャライメージを再現するよう目指しましたが、
特に上半身の細かい塗り分けとグラデーションに気を配りました

自分的に、グラデーションの濃淡のバランスが最近の課題?
にしているんですが、どちらかと言うとメリハリをつけすぎるのは
好みでは無いんですが、それなりにメリハリはあった方が
一般受けが良いのかな・・・と感じてます(メーカーの完成品など見ると)
そんな感じで、最初はかなりメリハリをつけてみるんですが、
客観的に見るとなんか気持ち悪くて、我慢できず後で馴染ませてしまいます
濃淡をキツめに入れて、後で馴染ませるってのが最近の私の流れです
そんな感じで、丁度いい塩梅を自分なりに探ってます
ってあんま関係ないですね・・

それではこちらからどぞ 天城・改
P6114097a.jpg

コンゴウ 完成~ [キット製作など]

5月もあっという間な感じですが
一体完成しましたのでUPしました
鶴の館さんのコンゴウです

とても繊細でシンプルな造形で誤魔化しの利かない所が
いつも以上に神経を使います
キットは、スカートのパーツは少し熱矯正しましたが
パーツの精度自体は素晴らしいので、問題なく組みやすかったです
流れるような布表現が印象的ですね

塗装ですが、完成見本を模す方向でオーソドックスに
仕上げさせていただきました
メインカラーの衣装の表現が一番悩んだところです
イメージ的に目指したのは、深みのある赤味強めの紺色という感じです
完成見本ではパールっぽい質感にも見えたので、
今作もパール仕上げにしました

手順はいろいろあると思うんですが、今回は最初にモノトーンで
明暗を表現し、その後クリアカラーを重ねて色味を出すやり方にしました
クリアカラーは、重ね具合で色味が変化するので難しいんですが
逆にそれが上手く深みになればなという狙いです

そのクリアカラーはGXクリアブラック、ディープブルー、パープルで
黒い青紫色を調色し重ねていきました
その後、パールのブルー+パープルを重ね
次にクリアで薄めたガイアの蛍光ピンクを更に重ね
最後につや消しクリアをコートしました

このツヤの塩梅が難しいんですが、パール感も残したいので
半ツヤ気味な感じに調整しました
苦労しましたが、自分でも狙ったいい色が出せたんじゃないかな・・・
と思いますがどうでしょうか~

それではこちらからどぞ コンゴウ
P5214051a.jpg

MGジム・スナイパーⅡ 完成~ [キット製作など]

気分転換にまたガンプラこさえました~
今回もカラーリングをいじっただけで
特に目立った改造はしてません
どノーマルです

あれこれ適当に配色を考えるのが好きで、いい感じに
仕上がりそうな配色が思いついたので気分が冷めないうちに
パパッと作ってみた感じです

完成後、部分的にパーティングラインの処理忘れてる所を
見つけましたが、趣味作なのでまあいいでしょ・・
パーツ数もお手頃で、なかなか作り安いキットでした

色ですが、レシピは黒い部分がミッドナイトブルー
本体のグレーは305に白少々、足などの白は315に白少々、
関節はメカサフヘビー、ピンクは白にマゼンタ少々
ポイントのイエローグリーンはイエローに蛍光イエロー蛍光グリーンを少々
銃のグリーンは機体内部色に蛍光グリーン少々です

デカールは最近再販になってたMGガンダムVer.Kaをメインに使い
他は適当に市販のコーションデカールです
ウェザリングしようか少し迷いましたが止めときました
ガンプラは今はキレイなままの方が好みかなと・・

撮影ですが最初白バックで撮ってたんですが、色がトンチンカンで
なんか汚くなったので、黒バックで撮り直し
まだこっちの方がしっくり来ましたが、それでもまだ色がなんか変で
部分的にフォトショップで色調整しました
するとノイズが目立って汚くなったりで難儀しました
背景との色の関係とか照明との関係とかいろいろあるんでしょうね・・
撮影ってムズいですね~

それではこちらからどぞ MGジム・スナイパーⅡ
P5123899a.jpg

関係ないですが、「この地球に山や森は存在しない」という動画知ってます?
一つの説ではありますが、常識にとらわれずいろいろモノの見方を考えてみても
いいかもですね
前の10件 | - キット製作など ブログトップ