So-net無料ブログ作成
検索選択
キット製作など ブログトップ
前の10件 | 次の10件

バイクのやつ [キット製作など]

早くも11月ですがなかなか更新できてないので
軽くこんなん作ってます報告でも・・

IMG_0271a.jpg
IMG_0268a.jpg
VISPOさんのバイク系のやつですが、仮組み調整の時の写真です
今は完成しててベース台に取り付けるのみの状態なんですが
手元にあると思い込んでたそのベース台が無くて発注したとこです
あほですね・・
また近々アップできるかと思いますー

加賀バニーガールVer. 完成~ [キット製作など]

もう10月ですが、涼しいのか暑いのかハッキリしない気温ですね
ということでUPしました

ほわいとぼっくすさんの加賀バニーガールVer.です

サイズ的にもそんなに大きくないですしシンプルですが
どこか魅力的な造形ですね
キット的には、特に問題なくスムーズに組めましたが
手流し品なのか気泡は多めでしたね

背中の造形が少し個性的なせいか、修正してほしいとのご要望
でしたので、光硬化パテでなだらかで自然な感じに調整しました
肩甲骨の出し具合でバキッと骨ばった感じにすると多少エロく
なったりもするかと思いますが、この場合ちょっと違うかなと
思ったので控え目にしてます

塗装ですが、ご要望で完成見本の色味とは少し違いますが
オーソドックスな仕上がりですね
衣装は明るめのブルーを下地に、GXディープクリアブルー+マルーン少々を
重ねて深みのあるつやつやの紺色にしました
クリアコートは2回吹きっぱなしです(鏡面仕上げではありません)

それではこちらからどぞ 加賀バニーガールVer.PA013044a.jpg

狂戦士 完成~ [キット製作など]

ようやくUPしました
GECCOさんの狂戦士です

うちのギャラリーには珍しい系統の一品ですが
依頼があればこういうのもやりますです

キットの内容ですが、パーツ構成自体はあっさりですが
ゴロッとしたパーツ単位でも造形が堪能でき見ごたえありますね
マントのみ継ぎ目を消して、モールドを復元させる必要がありますが
粗目のモールドなのでそんなに難しくは無かったです
組み上がるとそこそこ大きく、迫力があってカッコいいです

完成見本が鬼のような仕上がりなので、どこまで追いつけてるか
わかりませんが、試行錯誤しながら仕上げました
塗り分け自体は複雑ではないので、単調にならない、
かつ存在感のある塗りを念頭に・・・
あとは、ご要望でいただいてましたが”生々しい感じ”も強く意識しました

大きく分けて本体の鎧、大剣、マント、ベースの岩の4つを
それぞれ違う質感が出せれば、模型的に見栄えも良くなるかなと
思ったのでそんな方向ですすめました

細かいレシピ的なことを書こうと思ったんですが、なんかいろいろ
塗り重ねていったのでよく覚えてなかったり・・
思い出しながら書いてみると
鎧は、黒の下地にブルーパールをドバっと乗せその上から暗いシルバー
をエアブラシで適当に残すよう乗せてウォッシングやらドライブラシやら
エアブラシやらで色を塗り重ねました
意識して無作為的なムラを作り出すというのは、矛盾した言い方ですが
その積み重ねがリアルにつながるのかな~と少し思います

血の表現はタミヤカラーアクリルのクリアレッド+ブラック少々ですが
ブラックの配分の違う2種の赤を用意して使い分けしました
エナメルも試してみましたが、アクリルの方が血に見える気がします
血の表現は、特に大剣はド派手に入れました
切って切って切りまくった為に付いて染み込んだ血だったり
リアルタイムで付いた血だったりさまざまな血を想像して塗りましたが
あまり考えずに大胆に塗りたくり、溶剤を含んだ筆で叩いたり引っ張ったり
拭き取ったりで調整しましたが、ココも無作為的にを意識して・・

いや~なんとも塗りごたえのあるキットでしたがなんとか完成!

それではこちらからどぞ 狂戦士
P9162948a.jpg

MGザクキャノン 完成~ [キット製作など]

ザクキャノン完成しました
なんだかんだで1週間ほどでしょうかね
全体的にガッチリしたバランスで、太ももなんか
スカートに収まらないボリュームでカッコええですー

主な改造点は、前回書いた通りであとはモノアイを市販パーツ
パイプはメタルパーツに交換しただけで他はドノーマルです
ちなみにパイプはパワーパイプ5.0mmですが
胴体に14×2、足に10×2個使用してます
胴体のパイプはキットのパイプを通す軸パーツをカッターで削って細くし
そこにパワーパイプを通してます
足の方は2.9mmのスプリングを使用してます

言うまでもありませんが、パーツ分け、色分けも完璧で継ぎ目消しもゼロ
お気軽に組める好キットでした
シールドの赤いラインまで別パーツなのもスゲーですね
マシンガンとバズーカも付属してますが、今回はスルーしました

塗装は、色は一度塗り終わってからなんか気に入らず
赤以外は結局全部塗り直しました
微妙な色味の違いなんですが、なんとか好みの色になってくれました
本体の色はMr.カラーの336をベースに黄橙色、
オレンジ、茶色、白など様子を見ながら調色しました
スパイクアーマーなどの色はその本体色にMr.カラーの130をちょい足し、
膝などのグレーは黒+白のグレーにマホガニーをちょい足し
太ももはグランプリホワイト、パイプは普通のホワイト
赤はモンザレッドです

それではこちらからどぞ MGザクキャノン
P8292883a.jpg

MGザクキャノン 製作中~ [キット製作など]

今は基本塗装が一段落ついた感じなのですが
なんとなく色が気に入らないので塗り直すかな・・・とか考え中

そんなに大してイジってませんが、少しイジった点を軽く上げときます

ザク共通の手首ですが、親指があまりにそっけないので
表情つけーの角度つけ~の
ビルダーパーツのMSハンドもう少し出来が良くならないんですかね・・
昔あったハイデイテールマニュピレーターは良かったのに~(レジンですが)
zc00.jpg

左肩のアーマーが本体から離れた印象なので、本体に寄せるよう
少し改善したい、でも超簡単に行きます(写真は完成写真から)
zc01.jpg

写真の状態がキットの通り基部を取り付けた状態
こんなに横に基部が出てたらそりゃ肩アーマー内側に
持って行け無いですね・・
zc03.jpg

というわけで、基部を上に持っていくために
肩のパーツの赤い部分を切り取り
zc02.jpg

そんで、基部を取り付けた状態
裏向けて肩に埋める感じに・・
zc04.jpg

その結果、こんな感じに肩アーマーが収まりました
比較写真撮り忘れて、わかりにくいですね・・
zc05.jpg
zc06.jpg

頭のひさしにプラバンを貼って整形して
少し悪顔に
zc07.jpg
zc08.jpg

葛葉ライドウ 完成~ [キット製作など]

また一体完成しましたのでご紹介
WSCの葛葉ライドウです

このキットの製作は3体目になりますね
仕上がりに大幅なイメージの差はありませんが
いくつかご要望がありましたので、その違いは出ていますかね・・

色的には、変わらず暖色系の黒、少し不気味な色白の肌、
マントの裏地は少し派手目のパール塗装という感じです

右手の封魔菅を塗装で緑色にというご要望でしたが
そのまま緑に塗るとおかしいかなと思ったので、分割して
1mmプラ棒で伸びた緑部分を追加しました

ベース台は、ご要望でデビルサマナーのマークをモチーフにしています
上面2mmと下面3mmの2枚合わせ構造ですが
2mmの透明アクリルの裏側にそのマークを直描きして
3mmのアクリルを下に貼りあわせていますが、計算通りに
キレイに仕上がったかな~と思います

それではこちらからどぞ 葛葉ライドウ
P8162777a.jpg

X-MENアポカリプス観てきました
思ったより、まとまってておもしろかったです

今回の話はX-MENが結成されるまでの話ですが
過去作を観ておくというか、キャラや時系列はある程度知っておかないと
損するかもしれませんが・・まあこれだけ観ても楽しめると思います
X-MEN系列は作品が多く、私もうろ覚えだったので観た後に
ネットでいろいろ確認してしまいました
サイロックは今回初登場と思ったのですが、実は過去にも出てたと知り
いつ出てたっけ?と気づかないレベルでしたが、今回はキッチリいます
魅力あるキャラなので他にも活躍して欲しいキャラですね
日本刀持った女キャラは画になっていいですね~

唐突ですが、MGザクキャノン作ってます
先日再販されたので買いました
コレは完全に趣味作です
なのでいつもどおり、お気楽にパパッと仕上げる予定です
定番工作ですが、スパイクをシャープに
IMG_0224a.jpg
出来良さ気なので、いじるところはほとんどなさ気?
後はパイプをメタルパーツに交換し、軽くスジボリくらいでしょか

PGユニコーンガンダム(最終決戦Ver.) 完成~ [キット製作など]

ようやく完成しました~
PGフルアーマーユニコーンガンダム(最終決戦Ver.)です

PGユニコーンは2体目なので、多少は要領よく行けたはずですが
やはり破格のボリュームで大変でした
結果的にはあんまり費やした時間変わってない気が・・
それはともかく、前回も思いましたがコレをデザインし設計した人が
いるんだなと思うとゾッとしますねー
それだけ色んな意味で、良く出来た模型だなと感心させられるわけです

後はLEDで発光するサイコフレームですが、LEDは別売なんですが
PGユニコーンを組むならLEDは必須!絶対に必須です!
光る光らないだけでココまで価値が激変するのも珍しいものです
今更ですが、それだけユニコーンガンダムのデザイン要素的には
サイコフレームの発光が重要なファクターだということなんでしょうね

そのサイコフレームの色ですが、赤と緑で好みの別れるところですね
写真ではほとんど水色っぽく見えますが、光の強い部分が水色で弱い部分は
もう少し緑がかった感じで、見比べると写真より実物の方が複雑な色味かつ
鮮やかでキレイかなと思います
撮影もいい塩梅になかなか撮れず、めちゃくちゃ時間かかってしまいました
でも、やっぱりカッコイイですね~素晴らしいです

あとは塗装ですが・・・全身真っ白なので特に説明できるところがありませんが
武器類は微妙に武器によって色味を変えてます
基本のグレー(黒+白です)を作って、そこに赤を足してみたり、青を足してみたり
暗くしたり明るくしたりで変化を付け、でもあからさまに別色って感じ
ではなく、パッと見は同じくらいのトーンに合わせる感じに調整してます
あとフレームは前回と同じくメカサフのヘビーです

それではこちらからどぞ  PGユニコーンガンダム PGフルアーマーユニコーンガンダム
P8042708a.jpg

先日インデペンデンス・デイ観てきましたが、う~んイマイチ
なんていうか話がとっちらかってるのと、前半のかったるさはなんなのかと
アホほどデカイUFOが売りなんだと思いますが、実はそこはあんまり関係なく
終わってみれば一体なんだったんだみたいな感じ
1と同じくご都合主義的な展開でも全然いいんですが、USA!USA!的な
高揚感がほとんど無かったですね
巨大なUFOのバリアが無効化され、ミサイルが着弾した瞬間の
あの高揚する感じ期待してましたがね・・・
3に繋がる伏線?的なものも残してましたが次は観ないかも・・

PGユニコーンガンダム(最終決戦Ver.) 武器UP~ [キット製作など]

また間が空いてしまいましたが、ひとまず途中経過など
めっさ進行が遅~い感じですが、一応進んでるということで・・
武器類がようやく終わり、ガンダム本体に入ってます
あと、コレとは別にガレージキットの方も同時に
ちまちまと製作中です

■シールド(緑)×3
buki00.jpg
■シールド(赤)×2
buki01.jpg
■スラスター×2
buki02.jpg
■ハンド・グレネード×8 三連装ミサイルランチャー×2
buki03.jpg
■グレネードランチャー×2 ビームマグナム×1 大型スラスター装備用フレーム×1
buki04.jpg
■ハイパーバズーカ×2
buki05.jpg

関係ないですがビームマグナムの射撃音めっさ好きです
昔のビームライフルとほぼ同じと思いますが・・
すごく気持ちいい音ですね~

あとワンフェスディーラーさんは追い込み時期でしょうかね~
大変ですが、がんばってくだせ~

PGユニコーンガンダム(最終決戦Ver.) 製作中~ [キット製作など]

6月半ばですが、まだ完成まで時間がかかりそうなので
途中経過など・・
ユニコーンガンダムとフルアーマーユニットの製作ですが
まずは武器類からとりかかっています
武器だけでも結構なボリュームなのですが
ひとまずビーム・ガトリングガン×10が完了
P6202550a.jpg

そろそろ趣味でもなんかプラモ作りたいっすね~
鉄血関連でも何か作りたかったんですが、結局何も作れていないし
ガンダムUC見てたらゾゴックとジュアッグも作りたくなったり
ゼー・ズールもかっこいいっすね~
ボークスのIMSテロル・ミラージュも買ったものの未だ手付かず状態です
いろいろ積みプラが増えてますな~

シーグル&ばんぺいくん 完成~ [キット製作など]

早くも6月に入りましたが、一つUPしました
ボークスさんのシーグル&ばんぺいくんです

少し前のキットですが、何も問題なく組めました
スケールは1/8と小さめですが、情報がギュッと詰まった
間延びしない造形だなと思います

メカと女の子の組み合わせはよくありますが立体映えしますね
今回はキャラクターの柔らかさと、メカの硬質感の対比がキモ
だと思ったので、そこを念頭に製作させていただきました

色は基本的に完成見本のイメージを模す方向です
基本的にはツヤ消しは柔らかそう、ツヤ有りは硬そうに
見えますから、その方式にしたがってツヤの使い分けをし、
質感の違いを意識して仕上げました

ボディとつま先の赤は、モンザレッドにクリアレッドを重ねて
りんごあめのような照り感?のある深みのある赤を意識して
塗ってみましたが、おそらく言われないと全然わかりませんね
比べると違いがわかるんですが・・

あとベース台はご要望で木製です
サンディングシーラーを塗って適度に表面を仕上げ
オレンジに近いクリアブラウンを調色して塗装しました

それではこちらからどぞ シーグル&ばんぺいくん
P5312519a.jpg
現在はPGフルアーマーユニコーン再びです
パーツの量がやっぱりえげつない・・

前の10件 | 次の10件 キット製作など ブログトップ