So-net無料ブログ作成
検索選択

アイギス 完成~ [キット製作など]

また間が空いてしまいましたがようやくUPしました
ジェットストリームさんのアイギスです

ユニコーンガンダムのサイコフレームばりのクリアパーツなど
なかなか見ごたえのあるキットでしたが、苦労しました~
パーツは多めで、クリアパーツはキレイですが通常のパーツは
不可解な段差が毎パーツにあって処理に少し時間食いました
顔にも段差があったりで、複製のトラブルでしょうか?

それはさておき、今回は完成見本の様にLEDを仕込むご要望が
あったんですが、これが思った以上に不慣れなせいか苦労しました
過去にも別件で、LEDを仕込むご要望は何度かいただいていたことも
あったんですが、とにかく経験値が低すぎなので
ほとんどお断りさせていただいていました

ただ今回は完成見本のアイギスを見ると、発光させないと魅力半減
なのかなと感じたのと、特に知識はなくても市販のLEDで対応
できそうだったのでお請けさせていただきました
それでも、やっぱり全身にLEDを仕込むのは大変でしたね

で、話を戻しますがやっぱり光らせるとカッコいいですよね
改めて発光ギミックも模型表現の一つとしていいものだな~
と思わされました
今回のアイギスには、青のチップ型5連LED×1、チップ型3連LED×3
計14のLEDを仕込んでます

ベース台は電池ボックスを収納させるためアクリルケースです
色はカーマインですが、内側をメタリック系ブラックで塗装し
少し透けをなくしてます
パッと見は黒だけど透かせるとワイン色っぽい高級感を狙ってます
ただネックは手で触ると指紋が目立つところです・・・

色ですが、全体的にオーソドックスですが、クリアパーツは
クリアブルーにブルーパープル系のパールを重ねて
キラキラ感を出してます

それではこちらからどぞ アイギス

PC113249a.jpg

もう今年もあと2週間ほどなんですね・・・ガンバリますです

ホットトイズ ウォーマシン [ひとりごと]

現在もキット製作中ですが、完成までもう少し
かかりそうなので、コレでも・・
ホットトイズのウォーマシンです

ダイキャスト仕様なのでズッシリと重いですが
関節はしっかりしていて安定してます
少々値は張りますが、価格分の価値は十分あると思います!
そういう私もなかなか手が出せませんでしたが
3万円台まで下がってたので勢いでポチってやりました

wm00.jpg
wm00a.jpg
wm00b.jpg
wm00c.jpg
wm00d.jpg
wm00e.jpg
wm00f.jpg
wm00g.jpg

ライダー 2015Ver. 完成~ [キット製作など]

ようやくUPできました
VISPOさんのRIDERです

VISPOさんのバイク系はいくつか製作させていただきましたが
このタイプのバイクはお初だったので、すり合わせに
少々手こずりました

特に問題なく組めましたが、多少の歪みや合いづらい所が
あったので、仮組みしながらの調整は必須かなと思います

それにしても、髪の毛がえらいことになってますね
その髪は売りの一つだと思うのですが、右半分被る構成なので
バイクやジーンズのディテールが、パッと見た時若干髪に埋もれて
視認しづらくなってのが、個人的に少し気になるところ
まあそういうものと言えばそういうものなんですが・・
とはいえ、VISPOさんらしい拘り造形で存在感ありまくりですね

塗装ですが、依頼者さんのご要望でバイクはキャンディパープルです
レシピはEXシルバー地にGXクリアパープル
調色してませんがキレイな色味ですね
カウルはいつも通りウレタンクリアコートです

ハンドル周りのメタリック感はアクセントかつ、バイクの
メカニックな質感を見せる重要なパーツなのでメッキシルバーNEXTで
ピッカピカに仕上げました
マフラーも派手目にクリアブルー、ピンク、オレンジで
焼けを入れてやりました

ライダーさんですが、背中のド派手なタトゥーは依頼者さんの
ご要望で無しにしています
ジーンズの色は濃い目のインディゴブルー調です
使い古しのスポンジヤスリで軽く剥がして軽くダメージ入れてみました
付属のサングラスはあえて透明のままにしてメガネっぽくし
着脱可にしてみました

それではこちらからどぞ RIDER 2015Ver.
PB113113a.jpg

バイクのやつ [キット製作など]

早くも11月ですがなかなか更新できてないので
軽くこんなん作ってます報告でも・・

IMG_0271a.jpg
IMG_0268a.jpg
VISPOさんのバイク系のやつですが、仮組み調整の時の写真です
今は完成しててベース台に取り付けるのみの状態なんですが
手元にあると思い込んでたそのベース台が無くて発注したとこです
あほですね・・
また近々アップできるかと思いますー

加賀バニーガールVer. 完成~ [キット製作など]

もう10月ですが、涼しいのか暑いのかハッキリしない気温ですね
ということでUPしました

ほわいとぼっくすさんの加賀バニーガールVer.です

サイズ的にもそんなに大きくないですしシンプルですが
どこか魅力的な造形ですね
キット的には、特に問題なくスムーズに組めましたが
手流し品なのか気泡は多めでしたね

背中の造形が少し個性的なせいか、修正してほしいとのご要望
でしたので、光硬化パテでなだらかで自然な感じに調整しました
肩甲骨の出し具合でバキッと骨ばった感じにすると多少エロく
なったりもするかと思いますが、この場合ちょっと違うかなと
思ったので控え目にしてます

塗装ですが、ご要望で完成見本の色味とは少し違いますが
オーソドックスな仕上がりですね
衣装は明るめのブルーを下地に、GXディープクリアブルー+マルーン少々を
重ねて深みのあるつやつやの紺色にしました
クリアコートは2回吹きっぱなしです(鏡面仕上げではありません)

それではこちらからどぞ 加賀バニーガールVer.PA013044a.jpg

狂戦士 完成~ [キット製作など]

ようやくUPしました
GECCOさんの狂戦士です

うちのギャラリーには珍しい系統の一品ですが
依頼があればこういうのもやりますです

キットの内容ですが、パーツ構成自体はあっさりですが
ゴロッとしたパーツ単位でも造形が堪能でき見ごたえありますね
マントのみ継ぎ目を消して、モールドを復元させる必要がありますが
粗目のモールドなのでそんなに難しくは無かったです
組み上がるとそこそこ大きく、迫力があってカッコいいです

完成見本が鬼のような仕上がりなので、どこまで追いつけてるか
わかりませんが、試行錯誤しながら仕上げました
塗り分け自体は複雑ではないので、単調にならない、
かつ存在感のある塗りを念頭に・・・
あとは、ご要望でいただいてましたが”生々しい感じ”も強く意識しました

大きく分けて本体の鎧、大剣、マント、ベースの岩の4つを
それぞれ違う質感が出せれば、模型的に見栄えも良くなるかなと
思ったのでそんな方向ですすめました

細かいレシピ的なことを書こうと思ったんですが、なんかいろいろ
塗り重ねていったのでよく覚えてなかったり・・
思い出しながら書いてみると
鎧は、黒の下地にブルーパールをドバっと乗せその上から暗いシルバー
をエアブラシで適当に残すよう乗せてウォッシングやらドライブラシやら
エアブラシやらで色を塗り重ねました
意識して無作為的なムラを作り出すというのは、矛盾した言い方ですが
その積み重ねがリアルにつながるのかな~と少し思います

血の表現はタミヤカラーアクリルのクリアレッド+ブラック少々ですが
ブラックの配分の違う2種の赤を用意して使い分けしました
エナメルも試してみましたが、アクリルの方が血に見える気がします
血の表現は、特に大剣はド派手に入れました
切って切って切りまくった為に付いて染み込んだ血だったり
リアルタイムで付いた血だったりさまざまな血を想像して塗りましたが
あまり考えずに大胆に塗りたくり、溶剤を含んだ筆で叩いたり引っ張ったり
拭き取ったりで調整しましたが、ココも無作為的にを意識して・・

いや~なんとも塗りごたえのあるキットでしたがなんとか完成!

それではこちらからどぞ 狂戦士
P9162948a.jpg

シン・ゴジラ観てきたで [ひとりごと]

ザクキャノンをUPしてもうこんなに時間が経ってたと気付き
時間経つの早っと焦ります
一応1体完成してるんですが来週中にはUPできるかと・・・

ということで、やっとシン・ゴジラ観てきました
うわさ通りおもろかったです!
以下、ネタバレもあると思うのでこれから観る人は読まない方がイイかもです

観終わって最初に思ったのがこれは日本人にしか、もっと言えば
庵野監督だから撮れた作品じゃないのかいうこと
今までのゴジラ映画とはノリが違うというかなんというか
原点に立ち返りつつ俺ならこう撮る!ってのが伝わってきましたね

あの政府の奇妙な空気感だったり、事が淡々と進むさまは日本人にしか出せない
感覚なんじゃないかなと思うし、それを海外の人にはどう映るのか興味深いところです
ド派手な映像でガンガン見せるという点では、ハリウッドには勝てないところも
正直ありますが、そこは見せ方です
見せ方が悪くなければ、日本の映画でもココまで出来るんだなと
見せつけられたので正直そこは嬉しかったです
いや、正確にはビックリですね!
個人的に思ったのが、カメラアングルと遠景の使い方がすごく効いてるな~と

テレビやラジオでよくおもしろいと言われてたんですが、あまり過度に期待せずに
観に行ったんですが、まさか開始早々に笑いがこみ上げてきて、
そこからなんというかワクワクしてしまいました
トンネルの天井から血?がドバっと出てきた時は思わず笑ってしまい
コレは噂通りおもしろいかもと感じました

政府関係の人や専門家はみんな早口だったり、こんな緊急事態にちょこちょこ
会議室が変わったり、日本人(政府)のクソ真面目なのになんか間抜けな感じで
お前らやる気あんの?ってところやアメリカ政府の横暴ぶりなど軽くディスったり、
そういう人のやり取りを面白おかしく描いてるんですが、なんかそこが逆にリアルに
感じれたりで、そういう描き方も関心しながら笑えました
それでも、最後は自分たちの国は自分たちで守るっていう強い思いが全面に
打ち出されていて良かったです
今の日本人が持つべき信念がメッセージとして個人的に強く感じたところですね
(この辺は人それぞれでしょうけど)

アメリカがゴジラ殲滅のために東京のド真ん中に核をぶち込もうというところは、
アメリカと言うよりハリウッド映画のノリを完全にディスってる気がしましたね~

激闘の末ゴジラを倒した(正確には凍結)後も、普通の作品ならヤッホーー!と
歓喜にわくのがありがちな絵面、見たい場面なんですが、この作品はそうじゃなく
ようやく終わってくれた・・
という描き方なのも、なんか日本人ならではな感じがして良かったですね

ゴジラのデザインは賛否あるかもしれませんが無表情で無機質な感じも
非情な殺りくマシーンな感じで好きですね
何より最初に上陸してきたゴジラの姿にビックリでした
というか一瞬ゴジラじゃないと思わされましたが
あれは完全にやられました!
あの第2形態の不完全な姿がデザイン的には一番怖かったです

あとは、ゴジラの火炎放射ですが画的には一番の見せ場?
一瞬で街が火の海になってコレもめっさ怖かったです
画的にもスゴイ迫力で圧巻でしたね
怖いけどカッコいいというかキレイというか見入ってしまいましたね

最後の尻尾は、??と思いましたが個人的には核兵器へのアンチテーゼなのかなと
直感的に思いましたが、説明も無かったのでホントの理由はよくわかりません~
またネットで調べてみますかね・・
ていうか、それよりメイキングが見たいっすね
いや~それにしてもここまでおもしろいと思わんかったです!
ハリウッドゴジラも好きでしたが、まだまだジャパンプライドありますね!
この作品は作り手の生き様がいろいろ込められてて、カッコええです
少なくとも自分にはそういうの伝わってきましたね

MGザクキャノン 完成~ [キット製作など]

ザクキャノン完成しました
なんだかんだで1週間ほどでしょうかね
全体的にガッチリしたバランスで、太ももなんか
スカートに収まらないボリュームでカッコええですー

主な改造点は、前回書いた通りであとはモノアイを市販パーツ
パイプはメタルパーツに交換しただけで他はドノーマルです
ちなみにパイプはパワーパイプ5.0mmですが
胴体に14×2、足に10×2個使用してます
胴体のパイプはキットのパイプを通す軸パーツをカッターで削って細くし
そこにパワーパイプを通してます
足の方は2.9mmのスプリングを使用してます

言うまでもありませんが、パーツ分け、色分けも完璧で継ぎ目消しもゼロ
お気軽に組める好キットでした
シールドの赤いラインまで別パーツなのもスゲーですね
マシンガンとバズーカも付属してますが、今回はスルーしました

塗装は、色は一度塗り終わってからなんか気に入らず
赤以外は結局全部塗り直しました
微妙な色味の違いなんですが、なんとか好みの色になってくれました
本体の色はMr.カラーの336をベースに黄橙色、
オレンジ、茶色、白など様子を見ながら調色しました
スパイクアーマーなどの色はその本体色にMr.カラーの130をちょい足し、
膝などのグレーは黒+白のグレーにマホガニーをちょい足し
太ももはグランプリホワイト、パイプは普通のホワイト
赤はモンザレッドです

それではこちらからどぞ MGザクキャノン
P8292883a.jpg

MGザクキャノン 製作中~ [キット製作など]

今は基本塗装が一段落ついた感じなのですが
なんとなく色が気に入らないので塗り直すかな・・・とか考え中

そんなに大してイジってませんが、少しイジった点を軽く上げときます

ザク共通の手首ですが、親指があまりにそっけないので
表情つけーの角度つけ~の
ビルダーパーツのMSハンドもう少し出来が良くならないんですかね・・
昔あったハイデイテールマニュピレーターは良かったのに~(レジンですが)
zc00.jpg

左肩のアーマーが本体から離れた印象なので、本体に寄せるよう
少し改善したい、でも超簡単に行きます(写真は完成写真から)
zc01.jpg

写真の状態がキットの通り基部を取り付けた状態
こんなに横に基部が出てたらそりゃ肩アーマー内側に
持って行け無いですね・・
zc03.jpg

というわけで、基部を上に持っていくために
肩のパーツの赤い部分を切り取り
zc02.jpg

そんで、基部を取り付けた状態
裏向けて肩に埋める感じに・・
zc04.jpg

その結果、こんな感じに肩アーマーが収まりました
比較写真撮り忘れて、わかりにくいですね・・
zc05.jpg
zc06.jpg

頭のひさしにプラバンを貼って整形して
少し悪顔に
zc07.jpg
zc08.jpg

葛葉ライドウ 完成~ [キット製作など]

また一体完成しましたのでご紹介
WSCの葛葉ライドウです

このキットの製作は3体目になりますね
仕上がりに大幅なイメージの差はありませんが
いくつかご要望がありましたので、その違いは出ていますかね・・

色的には、変わらず暖色系の黒、少し不気味な色白の肌、
マントの裏地は少し派手目のパール塗装という感じです

右手の封魔菅を塗装で緑色にというご要望でしたが
そのまま緑に塗るとおかしいかなと思ったので、分割して
1mmプラ棒で伸びた緑部分を追加しました

ベース台は、ご要望でデビルサマナーのマークをモチーフにしています
上面2mmと下面3mmの2枚合わせ構造ですが
2mmの透明アクリルの裏側にそのマークを直描きして
3mmのアクリルを下に貼りあわせていますが、計算通りに
キレイに仕上がったかな~と思います

それではこちらからどぞ 葛葉ライドウ
P8162777a.jpg

X-MENアポカリプス観てきました
思ったより、まとまってておもしろかったです

今回の話はX-MENが結成されるまでの話ですが
過去作を観ておくというか、キャラや時系列はある程度知っておかないと
損するかもしれませんが・・まあこれだけ観ても楽しめると思います
X-MEN系列は作品が多く、私もうろ覚えだったので観た後に
ネットでいろいろ確認してしまいました
サイロックは今回初登場と思ったのですが、実は過去にも出てたと知り
いつ出てたっけ?と気づかないレベルでしたが、今回はキッチリいます
魅力あるキャラなので他にも活躍して欲しいキャラですね
日本刀持った女キャラは画になっていいですね~

唐突ですが、MGザクキャノン作ってます
先日再販されたので買いました
コレは完全に趣味作です
なのでいつもどおり、お気楽にパパッと仕上げる予定です
定番工作ですが、スパイクをシャープに
IMG_0224a.jpg
出来良さ気なので、いじるところはほとんどなさ気?
後はパイプをメタルパーツに交換し、軽くスジボリくらいでしょか