So-net無料ブログ作成

アルトリア(オルタ)ドレスver. 新宿編 ジャンヌ・オルタ 完成~ [ガレージキット製作など]

いや~早いですわ~
もう7月ですか・・
今年も厳しい季節が始まります
暑いと頭が回らなくなるので苦手どすー
ですが、夏のクッキリとした空色と立体的な雲
の空は好きです
ということで2体UPしました

まずは、PRIMAL HEARTさんのアルトリア(オルタ)ドレスです

キットですが、気泡もなくパーツの合いも全く問題なく
いつもどおりの高品質でした
パーツ構成もシンプルなので、初心者でも安心して組めるのでは
ないでしょうか・・・サイズ的にも小さすぎず大きすぎずな
感じで、写真よりも実物の方がずっと上回ってる気がします
何より細部にわたって配慮され、丁寧に造形されてるのが
伝わっていきますね
素晴らしいです~

塗装ですが、完成見本を参考に仕上げさせていただきました
色的には特にどうというところはありませんが、気を使ったのは
服はツートンなんですが、ぱっと見黒一色に見えるようまとめたところです

肌の色は撮影後にもっと白くても大丈夫だったかな・・・
実は肌は色が乗りすぎてしまったので、塗り直したんですけど
もっと白くても大丈夫だったかもしれませんね(写真で見ると特に)

服のエングレービングはファレホで筆塗りです
瞳ですが、情報がハイライトなしの瞳孔のみなので難しいー
こういう瞳の場合、0.1mmのズレでもえらいことになるので
かなり気を使いましたがどうですかね~
個人的にはかわいく行けたと思うんですが・・

それではこちらからどぞ アルトリア(オルタ)ドレスver.
P6296220a.jpg


次は夢のカグツチノ公国さんの新宿編 ジャンヌオルタです

こちらも品質に関して何も問題なしですー
首周りのパーツ構成が少し凝っていて感心しました
なるほど~って感じです
剣の飾り(絡んでいるギザギザのパーツ)が最初どう付くのか
全然わからず焦りました~
1/8とサイズ的には小さいですが、作り込みがスゴイので
写真で見ると全然小さく見えないですよね
ある意味、極まってる感ありますね

塗装ですが、こちらも完成見本を模す方向でまとめました
ジャケットはネイビー系のレザーの質感をイメージしてます
なので、適度なツヤ感が欲しかったわけですが、ここは
クリアのツヤ感ではなくパールのキラキラ感を応用しました
想像した質感、色が出せて気に入っている部分です

首周りと手首のふさふさは黒ベースにシルバーでドライブラシ
した後、クリアブラックで馴染ませています
なんでシルバーなのかというと、なんとなくです・・
いや~論理的に説明できればいいんですけどね
なんか感覚的にいっちゃってます

パンツは、細かいモールドが施されているので
シャバシャバの塗料を筆でスミ入れのよう流す感じで色を乗せました
ブーツはアクセントになるようツヤツヤの黒です
クリアを2回ほどコートしました
う~ん、カッチョいい造形ですね~

それではこちらからどぞ 新宿編 ジャンヌ・オルタ
P6296318a.jpg


ということで、今週中には製作代行の受付を再開できそうなので
またよろしければおねげえしますー

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント