So-net無料ブログ作成
ガレージキット製作など ブログトップ
前の10件 | -

ニーナ 完成~ [ガレージキット製作など]

そう言えばもうすぐワンフェスですね
全然情報入れてないんですが、たまには遊びに行きたい~

あと、製作代行の受付ですが長らく休止状態でしたが
8月中には再開できるかなと思います
またその時ご案内させていただきますのでよろしくお願いします

ということで、とらっしゅくろっくさんのニーナです

ブレスにガッツリ関わっていた身からすると、数あるキャラの中から
メジャーになりきれなかったブレスをチョイスしていただき、
作ってもらえてるのは非常に嬉しいですねえ
キットの製作も、いろいろ思い出しながら行いました

キットの構成としてはシンプルで作りやすいです
なんと言っても売りは背中の羽だと思いますが
数パーツ構成で羽の隙間を表現し立体的に造形されていますね
キャラクター本体は、小さいですがこの羽があるのでなかなかの迫力です

塗装ですが、明るく、ハッキリとのご要望でしたので
色が濁らないよう気をつけました
まず羽ですが、写真ではちょっとわかりづらいですがのっぺりしないよう
スミ入れで立体感を出しつつ、数色色味入れてます
ぱっと見白い羽根ですが、よく見ると色が入ってるな~みたいな感じにしました
具体的には、白を塗装後グレー系でスミ入れ、その後全体を馴染ませるよう白を塗装
ブルー系のグレーを主に凹部分に、クリアピンクをファジーに乗せて
更に白で馴染ませてます
あと、パール系を乗せるか少し悩みましたが、今回は止めておきました

キャラ本体ですが、色はブレス画集の表紙のイラストのイメージを参考にしてます
メインのピンクはフィニッシャーズのサーモンピンク+クレオスのオレンジ
ベルト類はつやありのオレンジ、ゴールドはクレオスのGXラフゴールド
胸当ては、アクセントになるよう質感を変えたかったので
白+イエローの下地にイエローパールを塗装後クリアオレンジです

これではこちらからどぞ ニーナ
DSC_0322a.jpg

よしもとの騒動ですが、なんか加藤さんに感化されちゃった一部の芸人たちが
感情的になっちゃってるところが気になりますね・・
もうちょっと冷静になった方がいいですよ
事の本質からどんどん話がおかしくなってますから(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レナ・セイヤーズ 完成~ [ガレージキット製作など]

梅雨のせいか、暑いけど真夏という感じもでないし
意外に今の所過ごしやすいですね
じめっとはしてますが、猛暑がただただ苦手なもんで・・
そんな事はいいとして、1体UPしました

CASTAILさんのレナ・セイヤーズです

キットの構成的に特に難しいところはないですが、
両腕とビキニのヒモは継ぎ目消しが必要です
ビキニのヒモは少し浮いた表現をするため別パーツになってますが
拘り入ってますねー
あとメガネパーツがめちゃ細いので、破損しないよう扱うのに
かなり気を使いました
メガネは着脱できるようにしようかなとも考えましたが
繊細で取扱いが難しそうなので固定にしました

塗装ですが、オーソドックスな感じですかね・・
腰と足首の輪っかは質感を分けるためパールにしてます
赤と緑のVの字はキャンディ塗装(シルバー地にクリアカラー塗装)
写真では分かりづらいですが、帽子の青は若干赤味入れて他の青と色味を変えてます
青のレシピは、ホワイト+クレオスの80+マゼンタ+グレー系チョイ足し
帽子の青は更にマゼンタとグレー系をチョイ足し
足のグレーはホワイト+クレオスの306にパープルとかいろいろチョイ足し
あと髪の色は、色指定をいただいたので、その色に近づけるよういろいろ
混ぜながら調色したのでレシピ覚えてないです・・・ふぅ

それではこちらからどぞ レナ・セイヤーズ
DSC_0242a.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジャンヌ・オルタ 完成~ [ガレージキット製作など]

少し間が空いてしまいましたがようやくUPしました
暑くなるとどうにも集中力が落ちますね・・
完成が見えると怒涛の追い込みで完成まで持っていきますが
基本なまくら人間です・・すんません

ということでSnail Shellさんのジャンヌ・オルタです

これまたなかなかヘビーなキットでしたが
完成すると見応えあって存在感がスゲーです
しかし、これをどうやって無事に届ければいいのか・・・
ヘビーというのはそこに大きくかかってくるわけですが
まあそれはさておき

少し話がそれますが、このキットのレジンの表面処理がしやすかったですね
最初、バリを落とす際はナイフの刃が上手く入らないというか
丁度、油分が抜けきったレジンのような感覚でうわ・・・って感じでしたが
ナイフでのカンナがけはめちゃくちゃスムーズで
キメが細かいからですかね?ペーパーがけもすごくやりやすいというか、
でも、穴あけとかする際はキシキシ言う感じでスムーズに行かない感じで
いつものレジンとは少し違う感覚でしたが、このディーラーさん
そういや中国の方でしたっけね?日本のレジンじゃないからなのか・・
はわかりませんが、上手く説明できずスミマセン
でも、このパーツの質感個人的に嫌いじゃないですという話です

キットの構成ですが、そのままですと大きな旗が保持出来ないので
何らかの対処が必要です
旗の棒はキットに含まれませんが、旗と棒をつなぐ部分があまりに
貧弱で強度的にかなり難があります
なので、今回その部分は全て削り取り、旗と棒は紐でガッチリ固定して
瞬着で固めました
あとは、旗を支えるためベース台にも真鍮パイプで固定しました
今回苦労したのは主にこの辺でしたが、これで安定したと思います

あとは胸元の鎖は、写真で見るとそうでもないように感じるかもしれませんが
めっちゃ細かいので、細工に少し苦労しました(ルーペ必須!)

塗装ですが、レシピの記憶が・・・
鎧の色は、メタリックかパールのどっちで行こうかかなり悩みましたが
今回はメタリックで行ってみました
ガイアのスターブライトジュラルミンをベースに黒とマゼンタ、シアンで
色調整しながら青黒い金属色を調色
その色を塗装後、シルバーを軽く部分的に乗せてその上にEXクリアピンク+クリアパープル
で色味を足し、最期に最初の金属色で馴染ませてます
ぱっと見は青系ですが、よく見ると赤系もチラホラ入ってます的な
色感、質感を目指しましたが、まあまあ狙った色は出せたかな~

スカートの裏地の赤はどちらかと言うとピンク系に見えた方がキレイかなと
思い、マルーンで塗装後アクセントになるようパープルパールを乗せてます

旗のマークは付属のデカールですが、余白が出来るだけ出ないようギリギリで
カットして、かつ真ん中のデカイ部分はできるだけ分割して貼りました

繊細で、すごくカッコいいですねー

それではこちらからどぞ ジャンヌ・オルタ
DSC_0169a.jpg

まだ製作に着手出来ていない分がいくつかあり、長らくお待たせしておりますが
気長にお付き合いのほどよろしくお願いいたしますー

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

黒雪姫 完成~ [ガレージキット製作など]

もう6月ですか・・・なんだかなあ
ということでUPしました

鶴の館さんの黒雪姫です

なんとも豪華な印象ですね
大きな蝶の羽と小さい蝶とフリルがクリアパーツでとてもゴージャス
やっぱしクリアパーツいいですね~
羽はつや消しにしようか迷いましたが、つやありでキレイだったのでやめました
透け感はあったほうがやっぱりキレイかなと・・

パーツ構成はシンプルですが、先に本体に足をつけてしまうとスカート
が入らなくなるので注意です(取説にも書いてますが)

塗装ですが、全体的にきらびやかにしたかったので服はパールです
白の下地にシャバシャバの黒(クレオスのウィノーブラック)でグラデ
しながら色を乗せ、次にパープルパールをコートしてGXクリアピンク+クリアパープル
+クリアブラックを上掛け

髪はブラック+インディブルー+マゼンタ+グレー系少々
フリルはGXクリアピンク+クリアパープル

蝶の羽はクリアブラックでピンクの部分はホワイト+マゼンタの下地に
GXクリアピンク+マゼンタでグラデ後、グラデの境目にクリアパープルを
ふわっと乗せてます

スケールは1/8ですが左右に開いた羽がデカくてど迫力ですなー

それではこちらからどぞ 黒雪姫

さあゴジラいつ行こかなー
DSC_0405a.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

メイド ジャンヌ 完成~ [ガレージキット製作など]

5月なのに暑いっすね~団扇が手放せないです
ということでやっとUPしました
本体自体は少し前に完成したんですが、ベース台が思ったより大きくなり
手持ちのアクリルで合うのが無く、いろいろ遅れました・・

キットですが、ブリスターパックで個人ディーラーと思えないパッケージで
うわ~なんかすげえって思ってしまいました
出来の方も、丁寧にパーツ分けされていて作りやすかったです
旗のマークと瞳のデカールが付属していますが、旗の棒は各々用意しないとダメです
私は、4mmのアルミパイプを使用しました(長さ40cm)
なので、サイズ的にも想像してもらえると思いますが、まあまあデカイので存在感ありますね

塗装ですが、まあ今回もオーソドックスな感じですかね・・・
白と黒なのでレシピ的にも普通かなと思います
黒はガイアの黒にグレー系と青を足しています
白の下地にシャバシャバの塗料を拭き重ねて色を形成させていますが
ガイアの黒は茶系の黒なので、少し青を足して茶色っぽくならないようにしています
白の方も同様に、シャドウ色のグレーは青系です
この辺好みの問題ですが、青系の影の方がキレイな印象になるかなと・・

髪は白に限りなく近いイエローで下地を作って、クレオスの黄橙色+茶色+グレー系
で作った色をグラデ塗装した後、全体をホワイトパールをコートしてマイルドにして
最後につや消しコート

旗の黄色はクレオスの113を塗った後にクリアで薄めたクリアオレンジ+イエローパールをコート
ココはゴールド系にしようか少し迷いましたが、パールにしておきました

旗の棒ですが、アルミパイプを使用していますがアルミパイプはそのままだと
くすんでいますが、コンパウンドで磨くとまあまあキラキラのキレイなシルバーになります
なので、磨いてプライマーを塗って好みのクリアカラーを塗ればいい感じの質感が得られます

それではこちらからどぞ メイド ジャンヌ DSC_0368a.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エウレカ 完成~ [ガレージキット製作など]

平成ももうすぐ終わりますね
あと一週間と少しで令和の時代の幕開け
令和と最初に聞いた時、音の響きはキレイだなと感じた
令の字は命令の令で冷たい感じがするなどいろいろあるみたいですが
私は”ゼロ”と”お礼”を連想しました
深い意味はありません、音の響きでただそう感じただけです
そんなこんなで、令和は結構好きです
平成の時はすごいテレビでもボロカス言われてた記憶ですが
今回は容認派の方が多いかな?

ということでUPしました
GSプロジェクトさんのエウレカです

サイズ的には1/7で標準的かなと思いますが、とても存在感があります
あくまで主観ですが、アニメのイメージそのままって感じですねー
現時点で、コレは決定版なのでは!
しかも頭部は表情の違うのが3種もあってお得です
キットの方も、シンプルでパーツもキレイなので初心者でも問題ないかと思います
手の指先まで丁寧なお仕事されてるなあって思いました

塗装も、う~んアニメのイメージに近づけるよう努めた意外
特になにもありませんー
全体的にマットな仕上げですが、濃い青の部分はツヤを残してみました
あとは、ブーツとふとももの水筒みたいなやつもツヤありです
薄いブルーはクレオスのシアン+ホワイトに308少々
濃いブルーはその薄いブルーにシアンで濃さを調整
髪はホワイト+ガイアの18を塗装後ホワイトパールをコート
首の輪っかはガイアのスターブライトゴールド、髪留めは9のゴールド
ポイントのシルバーはスターブライトジュラルミン
肌色はいつもより白く白く淡く淡く・・・レシピは適当?

そんな感じですー

それではこちらからどぞ エウレカ
DSC_0189a.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ユリ・サカザキ 完成~ [ガレージキット製作など]

また1体UPしました
イエローサブマリンさんのユリ・サカザキです

パーツ構成ですが、上半身、下半身、両腕の4パーツで
1/8の手の平サイズのキットです
簡単なつくりですが、その分塗り分けに気を使いました
なんとなく、ずっとマスキングしてしてた気がしますね
パーツ自体はキレイな方だと思います

色ですが、ご要望で2Pカラー?のピンクカラーで仕上げさせていただきました
全体的にオーソドックスな感じを目指しましたが
作りが簡単なので、ベタっぽくならないよう立体的感を意識して
シャドウは入れてます(そのつもり・・)
とは言え色が濁るので、出来る限り”黒要素”は使いたくないので
あっさりに見えるかもしれません(言いたいことが伝わってるかわかりませんが)

ちなみに濃いピンクの部分はGXクリアピンク+クリアレッドにクリア少々
+パープルパールを少々です
パールはなくてもいいですが、あくまで感覚的なものです・・

瞳はハイライトや瞳孔もモールドされているので塗りやすいですが
逆に言えば自分好みの瞳にし辛いというところもありますね
まあ、気に入らなければモールドを埋めるしかないですが・・
今回はモールドにそって塗っています

それではこちらからどぞ ユリ・サカザキ
P3227797a.jpg

関係ないですが久々に映画観てきました
今年初めてです
ほかに観たいものもあったんですが、なんとなくタイミングが合わず・・

観てきたのはキャプテン・マーベル
普通に面白かったです
アベンジャーズ・エンドゲームを観るつもりならコレは観ておかないとです
あまり期待せずに行きましたが、それぞれのキャラクターに魅力を感じたので
その時点で私的には満足!
お話もいいですよ
単純にヒーローが誕生するさまは熱いですね
気になってる人にはオススメですー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ユキカゼ・パネトーネ 完成~ [ガレージキット製作など]

少しづつ暖かくなってきた感じですね
たまに寒い日もありますが冬も終わりです
あ~もうすぐ平成も終わる

ということでUPしました
木神工房さんのユキカゼ・パネトーネです

スケールはノンですが1/8くらいかなと思います
一見好き嫌いの分かれそうな造形ですが、ケレン味を利かせた感じが
その筋の方々には受けが良さそうな気がしますね

今回はなかなか時間を食ってしまいました・・
というのも手流し品のザ・ガレージキットだったので表面処理が
大変でしたがなんとか仕上がりました
事前にパーツの写真など送っていただいていたにも関わらず
苦戦し通常の2~3倍はかかってしまいましたー
でも、依頼があればなんでも作りますんでOKです!
そんな感じで、費やした時間はほとんど表面処理だった気がします

つくづく、光硬化パテよありがとう!です
コレがあるのと無いのとでは作業効率が段違い
自分的には、もはや必需品ですー

胸元の飾り、頭の紐、下駄の紐はボロボロだったので自作してます

色ですが、いただいたご要望とキャライラストを元に仕上げさせて
いただきました

胸、足、腕は透け感を意識しています(ご要望にありましたので)
肌色ベースに、クレオスのクリアブラックをベースにガイアのEXブラック
クレオスのクリアブラウンとクリアレッドを少々加え茶系のクリアブラックを
調色しその色の乗せたあと、クリアコートで程よくつやつやに

髪はツヤを落としているのでわかりづらいですがパールです
ゴールドは、ガイアのスターブライトゴールド
頭と胸元の飾りはパールホワイト地にクリアレッドで少しキラキラ感入れてます
写真では全然わかりませんが・・

それではこちらからどぞ ユキカゼ・パネトーネ
P3077711a.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アスカR2 完成~ [ガレージキット製作など]

今年は暖冬かなと思いきや、やっぱり2月は寒い
と言っても例年並みですが
北海道や東北の気温とか見るとマジかーって感じですね・・

ということで、すっかり間が空いてしまいましたがようやくUPできました
VISPOさんのアスカR2です
同キット製作は5体目となりますが、今作もカラーリングは依頼者さんの
指定を元に製作させていただきました

キットの方は言うまでもなく、作りごたえ満点
作るのはまあ大変ですが、完成した時の達成感はなかなかのものです
趣味で作るなら半年くらいかけてチマチマ作るのがいいですかね~

色ですが、先にも言いましたがご要望に基づき仕上げさせていただきましたが
青いアスカさんということでなんか新鮮でした

まずはカウルのブルーですが、キャンディです
写真の色味もキレイですが実際はもう少し赤味の入ったブルーです
うちのデジカメは青と紫の中間の色がなかなか出てくれないー
EXシルバー地にクレオスのクリアブルー+GXクリアピンクを何度か重ねて色味調整してます
クリアコートはウレタンクリア(GP1)です

フレームはガイアのプレミアムミラークロームです
質感はいいんですが、やっぱり塗膜の弱さがネック!
パーツを組む際は、どうしても微妙に剥がれてしまうので
何度か塗り足してます
クリアコートもプラモのジャンクパーツで試したりしてみましたが
やっぱり劣化しますね・・・どうしてもキメの細かい普通のシルバーになります
まあコレはコレで使えなくは無いんですが・・(こういう質感のシルバーもアリと思います)
やはり専用のクリアを開発してもらいたいものです!
クリアコートできるなら高くても即買いです

次にアスカさんですが、ブルーとホワイトのツートンカラーが
バイクにマッチしていると思います
ブルーはホワイトの下地にクレオスのフタロシアニンブルーでシャドウ吹きした後
バイクのカウルに使用したクリアブルーを乗せて、ブルーパールを重ねてます

髪もパールなんですが、調色したクリームイエロー系の色を下地に
マホガニーでシャドウ吹きした後、ブラウン系のクリアカラーで色味調整

あと、ビキニは以前に製作したアイオワさんと同じく
ホワイトパールの下地にラメ粉を塗ってラメラメにしてます

ということで、そんな感じですがなんとか完成まで漕ぎ着けましたー

それではこちらからどぞ アスカR2 その5
P2147557a.jpg

ギャラリーの完成品の数が多くなってきたので、キャラの方は2018まで
と2019からで区切りました
なので、ギャラリーは3ページ構成になりました
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春麗 完成~ [ガレージキット製作など]

正月休みも終わり落ち着いてきた感じでしょうか・・
ということで、今年始めの完成品ですが
ダイキ工業さんの春麗です

去年中にはUPさせるつもりでしたが、なんかバタバタして遅れました
これも懐かしいガレキですが、やはりそれなりにパーツは荒れているので
表面処理に時間を食いましたが、完成すると存在感ありますね
スケールは1/5かつ、足をピーンっと垂直に上げているので結構デカイです
ベース台が必須ですが、今回は安定性も含め木製にさせていただきました
ガッチリとネジで固定しています
ベース台は何も塗っていないように見えるかもしれませんが
軽く磨いた後、クリアブラウン系の色を薄く乗せています

塗装ですが、オーソドックスな春麗のイメージで仕上げさせていただきました
特長というか見どころ?のムキムキの足は、少しオーバー気味にシャドウ入れしてます
肌色ベースに、シャバシャバの濃いブラウンでシャドウを入れた後
クリアブラウン+クリアオレンジで色味を足し、調整していきました
ブルーはスカイブルーの下地にインディブルーでシャドウ入れた後
薄めのクリアブルー(クリア+クリアブルー)にブルーパールを
加えたものでコートしています
ゴールドはクレオスの9番ですが、塗装後クリアオレンジ+クリアイエロー
で色味を足しています
髪はマホガニーでしたかね・・

今年もこんな感じでマイペースではありますが
頑張っていきたいと思いますー

それではこちらからどぞ 春麗
P1077486a.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - ガレージキット製作など ブログトップ