So-net無料ブログ作成
ガレージキット製作など ブログトップ
前の10件 | 次の10件

アスカR2 完成~ [ガレージキット製作など]

今年は暖冬かなと思いきや、やっぱり2月は寒い
と言っても例年並みですが
北海道や東北の気温とか見るとマジかーって感じですね・・

ということで、すっかり間が空いてしまいましたがようやくUPできました
VISPOさんのアスカR2です
同キット製作は5体目となりますが、今作もカラーリングは依頼者さんの
指定を元に製作させていただきました

キットの方は言うまでもなく、作りごたえ満点
作るのはまあ大変ですが、完成した時の達成感はなかなかのものです
趣味で作るなら半年くらいかけてチマチマ作るのがいいですかね~

色ですが、先にも言いましたがご要望に基づき仕上げさせていただきましたが
青いアスカさんということでなんか新鮮でした

まずはカウルのブルーですが、キャンディです
写真の色味もキレイですが実際はもう少し赤味の入ったブルーです
うちのデジカメは青と紫の中間の色がなかなか出てくれないー
EXシルバー地にクレオスのクリアブルー+GXクリアピンクを何度か重ねて色味調整してます
クリアコートはウレタンクリア(GP1)です

フレームはガイアのプレミアムミラークロームです
質感はいいんですが、やっぱり塗膜の弱さがネック!
パーツを組む際は、どうしても微妙に剥がれてしまうので
何度か塗り足してます
クリアコートもプラモのジャンクパーツで試したりしてみましたが
やっぱり劣化しますね・・・どうしてもキメの細かい普通のシルバーになります
まあコレはコレで使えなくは無いんですが・・(こういう質感のシルバーもアリと思います)
やはり専用のクリアを開発してもらいたいものです!
クリアコートできるなら高くても即買いです

次にアスカさんですが、ブルーとホワイトのツートンカラーが
バイクにマッチしていると思います
ブルーはホワイトの下地にクレオスのフタロシアニンブルーでシャドウ吹きした後
バイクのカウルに使用したクリアブルーを乗せて、ブルーパールを重ねてます

髪もパールなんですが、調色したクリームイエロー系の色を下地に
マホガニーでシャドウ吹きした後、ブラウン系のクリアカラーで色味調整

あと、ビキニは以前に製作したアイオワさんと同じく
ホワイトパールの下地にラメ粉を塗ってラメラメにしてます

ということで、そんな感じですがなんとか完成まで漕ぎ着けましたー

それではこちらからどぞ アスカR2 その5
P2147557a.jpg

ギャラリーの完成品の数が多くなってきたので、キャラの方は2018まで
と2019からで区切りました
なので、ギャラリーは3ページ構成になりました
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春麗 完成~ [ガレージキット製作など]

正月休みも終わり落ち着いてきた感じでしょうか・・
ということで、今年始めの完成品ですが
ダイキ工業さんの春麗です

去年中にはUPさせるつもりでしたが、なんかバタバタして遅れました
これも懐かしいガレキですが、やはりそれなりにパーツは荒れているので
表面処理に時間を食いましたが、完成すると存在感ありますね
スケールは1/5かつ、足をピーンっと垂直に上げているので結構デカイです
ベース台が必須ですが、今回は安定性も含め木製にさせていただきました
ガッチリとネジで固定しています
ベース台は何も塗っていないように見えるかもしれませんが
軽く磨いた後、クリアブラウン系の色を薄く乗せています

塗装ですが、オーソドックスな春麗のイメージで仕上げさせていただきました
特長というか見どころ?のムキムキの足は、少しオーバー気味にシャドウ入れしてます
肌色ベースに、シャバシャバの濃いブラウンでシャドウを入れた後
クリアブラウン+クリアオレンジで色味を足し、調整していきました
ブルーはスカイブルーの下地にインディブルーでシャドウ入れた後
薄めのクリアブルー(クリア+クリアブルー)にブルーパールを
加えたものでコートしています
ゴールドはクレオスの9番ですが、塗装後クリアオレンジ+クリアイエロー
で色味を足しています
髪はマホガニーでしたかね・・

今年もこんな感じでマイペースではありますが
頑張っていきたいと思いますー

それではこちらからどぞ 春麗
P1077486a.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

多脚戦車 剣菱重工 試作思考戦車 HAW206 完成~ [ガレージキット製作など]

またまた放置状態でしたがUPしました

のべつまくなしさんの多脚戦車ですが、久々のメカモノです
サイズ的には1/35ですが、小さすぎず大きすぎずな感じですかね・・
いくつかご要望いただきましたが、なんと言っても都市迷彩ですねえ
デジタル迷彩、ドット迷彩・・いろいろ言い方がありますが
今回は終始このマスキング作業が主な部分かなと思います

腕はフリーポーズ仕様ではないですが、射撃体勢で
ということでしたので、球体関節部分を切り離し、角度を調整して
形状を修正しました
と同時に、指も開いた状態に加工しました
主砲の砲身は穴が埋まっているので開孔してます
砲塔にあるアンテナはキットにはないので追加してます
あとは、しっぽと砲塔は安定性を上げるため出来る限り肉抜きもしています

ということで、塗装ですが今回都市迷彩のマスキングに
HIQさんのドット迷彩用マスキングテープをメインに使用しました
サイズはS、M、Lありますが今回はMで、1辺が2mmのものです
写真で見ると、もっと大きく見えるかもしれませんが・・・
すべての面が直角だといいんですが、斜めの面が入ってくるとドンドン辻褄が
合わなくなってくるので、どうごまかすかがポイントですね
とは言っても私のが完璧とも思っていないのであれなんですが・・
その辺、苦労しました
単純にマスキングする手間が思った以上に大変でしたね
(コレが剥がすのも結構時間かかりました)

念の為、作業手順をば
今回のように3色で行う場合、明るい色から順に乗せていくのが無難かなと思うので
最初に一番明るいキャラクターホワイトを塗って、そのホワイトを残したいところに
マスキング、次にクレオスの306をベースに作った2番目に明るいグレー
を塗装後、同じくその色を残したいところをマスキングして
クレオスの331をベースに作った3番目のグレーを塗装
これで一応こうなります

2色だけの迷彩でしたらそう難しくないと思いますが、3色以上の場合
最初にマスキングする時点から、全体的にどの程度の配分で色を残すのか
ある程度のイメージ画を作って作業をした方が、リスクは減って良いかもしれませんね
といいつつ私はぶっつけでやってしまいましたが・・

塗装作業はなかなか大変でしたが、個人的には楽しかったです
完成して素直にカッコエエやん!って感じたので気に入っています

それではこちらからどぞ 多脚戦車 剣菱重工 試作思考戦車 HAW206
PC127382a.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

綾波レイ シースルー 完成~ [ガレージキット製作など]

少し間が空きましたがUPしました

サイバーダインソリッドさんの綾波レイシースルーです
綾波が続きましたね
同じ綾波でも全然違いますがー

このキットは過去にも製作させていただきましたが
今回で3体目ですね
1/4スケールというサイズ感と、クリアやメタリックといった
素材感がいい感じに高級感を出してくれているフィギュアですね
キット自体はシンプルですが、要するにそれぞれの素材感をキチンと
見せてあげるのがキモかなと思うキットです

特に全身に張り巡らされているモールの質感ですよね
この部分はキットには、メタリックなシールが付属していて、切り出して
貼り付けていく仕様なんですが、正直あまり使えない気がします・・
というかキレイに仕上がらないというか
今作はご要望でゴールドにしていますが、シルバー系ならメッキ調の
良い塗料が今はあるので、そういうのを使ったほうがいいかなと
もしくは、ハセガワさんから出てるミラーフィニッシュとかですかね
粘着力的に後に剥がれてきたりは無いか気になりますが・・
塗料もゴールドは塗膜がそんなに強くは無いので
頻繁に触ってると良くなく、気を使います

あと、クリアパーツはほぼほぼ歪んでいたので、全て熱矯正が必要でした
クリアパーツは少し黄変してしまっていましたが、組み上がると
そこまで気にならないですよね?
言われればそう見えると思いますが・・まあレジンキットの宿命ですね(今の所は)
それでも、何か無いかなとネットで調べてワイドハイターexに漬け込んで
日光に当てると黄ばみがとれることもあるという記事を見かけたので、
今回試してみましたが、う~ん、残念ながらあんまり変化は無かったです
5日ほどベランダに置いて漬け込んでたんですが・・
もっと長期間置くと変わるんですかね?
また機会があれば試してみたいです

瞳部分は、まつ毛を追加、ドールアイはキットのものではなくご用意いただいた
ドールアイ(サイズは8mm)に交換しています
針金で瞳を取り付け、瞳の隙間はスカルピーで埋めて、エポキシ系接着剤で固定しています
ちなみに写真は過去のものですが、おおむねこんな感じです
視線を微調整できるのでいいかなと思います
IMG_2813a.jpg

色ですが、今作もご要望にそって仕上げさせていただきました
白の部分はEXホワイトにクリアコート
それ以外はすべて肌色ですが、ツヤのある部分はホワイトパールをコートの後
更にクリアコートしてます
膝から下は、モールを堺に白ベースで肌が少し透けた表現にしています

完成すると、なんとも見ごたえのある造形ですねー

それではこちらからどぞ 綾波レイ シースルー
PB177306a.jpg

今年も残り少ないですがガンバ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

綾波レイ スーパープラグスーツver 完成~ [ガレージキット製作など]

それにしても今の気候最高っすー
でもすぐに寒くなる運命・・

ということで1体UPしました
りゅんりゅん亭さんの綾波レイスーパープラグスーツverです

これも過去に製作させていただきましたが
前作ではうちのオリジナルカラーでしたが、今作はご要望で
綾波のイメージカラーで仕上げさせていただきました

キットは細かいパーツ分けとカラーレジンで初心者でも・・
という仕様ではありますが、パーツの合いがあまりよろしくなく
すり合わせに悪戦苦闘しました
削って合わせて削って合わせての繰り返しです

前回も少し苦労した記憶がありますが、今回の方が苦戦したかも?です
特に上半身が全然合わなくてなんでだ?って感じでした
太ももから下はピタッと合いました
ロットによるんだと思いますが、立体パズル的なパーツ構成なので
ひとつのパーツの微妙なズレが結果大きく影響され、当たり外れが
でるのかもしれませんね
ガンプラみたくピタッとパーツが合ってくれると初心者にも良いのですが
この辺は諸刃の剣な感じですね

頭と両肘は継ぎ目消しをしているので、ココの塗り分けはマスキングが
必要でしたが、それ以外は不要なのはありがたいところです
あとは、右手が熱矯正でもどうしても隙間が目立ったので
塗装前に接着して塗り分けました
左手の方は、熱矯正でキレイに合いました
ていうかこんなところまでパーツ分けしてるのがもう驚きですが・・

色は先にも言ったように、ご要望でしたので綾波のイメージカラーを
純粋に持ってきました
全体的にはシンプルにスッキリとマット仕上げです
レシピ的なところでは、髪は白地にホワイト+フィニッシャーズのブルーパープル
でグラデを入れて、ホワイト+その色少々を上から重ねで馴染ませてます
ネイビーはガイアのブラック+ホワイト+クレオスのフタロシアニンブルー+マゼンタ
首の赤はアクセントになるようキャンディレッド(シルバー地にクリアレッド重ね)

ということで、完成すると小さいのに密度感のある造形で良いですねぇ

それではこちらからどぞ 綾波レイ スーパープラグスーツver
PA257273a.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

赤木リツコ、アルトリア(オルタ)ドレス、CAT MAID 完成~ [ガレージキット製作など]

またまた更新が滞りすんません!
もう10月すぎましたね・・・もう今年も終わりですやん

いきなりですが、3体UPしやしたー
まずは、ボークスさんの赤木リツコです
X-brandっていうちょいエロ系のブランドのキットですが
懐かしいですねぇ
パーツ数は今の基準で言えば極端に少ない構成で
パーツを仕上げるのと塗り分けが少々手間ではありますが
難しいわけでもなく問題は無しでした

塗装ですが、全体的にオーソドックスな仕上げで
特別なところはありませんが下着のレース部分に細かなモールドが
入っているので、活かすよう違う質感に塗り分けました

ベース台は、以前製作させていただいたアスカテストスーツ
のものを流用しました

それではこちらからどぞ 赤木リツコ
PA176953a.jpg

次はPRIMAL HEARTさんのアルトリア(オルタ)ドレスです
これは、少し前に製作させていただき2体目になりますが
それとほぼ同じ仕上がりかな・・・と思います
色のレシピを残しているわけじゃないので、微妙に色味の違う
ところもあるかと思いますが、大幅に変えたところはありませぬ
ですので、気になる方はこちらをご参考に
衣装の白い装飾はファレホを筆塗りですが、集中力がいるので疲れますねえ

ベース台はご要望でいただいた魔法陣の画像を使っています
リツコと同じく、2枚のアクリル板でプリントアウトした画像を挟んでいるだけです

それではこちらからどぞ アルトリア(オルタ)ドレスVer.
PA177062a.jpg

3体目ですが、産婦人科MさんオリジナルのCAT MAIDです
こちらはノンスケールかと思いますが1/6くらいのサイズ感ですかね
見るからに女体が作りてえんだな~って感じの造形ですね
肉感っていうんですかね・・独特の感じが良いですね

今回のは、ご要望で頭の耳、首元の鈴、おしりのしっぽは無し
とのことでしたので、オミットしています
それぞれパーツの取り付けるところは穴埋めして、ディテールなど
違和感なくつながるように修正してます
特に首元は鈴がめり込んだ感じになってるので、再構成といいますか
ボタンなども削り市販のプラパーツに置き換えてます

ベース台は、ご要望でディーラーさんの完成見本的なベース台ということで
アクリルケースの上面にアクリルのミラーを貼り付けています
アクリルはアイボリーが近いかなと思いましたが、実物はなんか色味が違うな・・・
と思い結局塗装しました
CAT MAIDのネームプレート?はそれっぽいフリーフォントを探して来ましたが
これもな~んか違ったので、自分でデータを作り写真紙にプリントアウトしたものを
両面テープで貼り付けています(不要であれば剥がせるようにするため)

塗装ですが、ざっくり完成見本を模す方向で仕上げさせていただきました
塗り分けもそんなにないデザインかつパーツも上手く分割されていて
マスキングが楽でした
肌はメリハリの効いた造形に合わせて、色もメリハリをつける感じにしました
髪の毛はクレオスの9番ゴールドですが、下面はクリアオレンジ、上面はメッキシルバーを
ふわっと乗せて程よいグラデーション入れてみました

それではこちらからどぞ CAT MAID
PA177148a.jpg

つい最近気づいたんですが、太陽が登ってくる位置がいつもと違う?
毎日見てるわけじゃないんですが、朝まで起きてることも多くたまに見ることもあって
だいぶ空が明るくなってきたなと思って、ベランダから空を見てみると、
いつも見える場所に太陽がないんですよね・・
いつもはほぼ東の位置にありましたが、今はかなり南東寄りになってます
だから何?って聞かれると、う~んって話なんですがね~
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WAKKER 完成~ [ガレージキット製作など]

早速ですが1体UPしました
klondikeさんのWAKKERです

キットですがパーツの質が非常に高く、構成もシンプルなので
ストレス無く組めました
髪の毛は左右と後ろの3パーツ構成ですが、左側の部分のみ
2パターンあって、好みでチョイスできる仕様です

今回は、ご要望で依頼者さんと相談しながらオリジナルカラーで
仕上げさせていただきました
ネイビーとホワイトのツートンカラーでまとめましたが
どうでしょうか・・・
上手くまとまったかな~と思っておりますが

パッ見棒立ちですが、なんとも言えない雰囲気を醸し出す
存在感がありますね

自分が一番気を使ったのは顔ですが
やっぱり肝なので、かわいく見えるよう心がけました
ご要望でまつ毛も付けています
瞳はうちの場合、基本的につや消しなんですが
リアルめというかドールっぽい造形なのでつや有りにしてます

色ですが、レオタードはホワイト、ブーツはパールホワイトの
ツヤあり、パーカーのネイビーはクレオスのフタロシアニンブルー+ブラックで
シャドウ部分中心にメリハリをつけて色を乗せた後
GXディープクリアブルー+マゼンタ+GXクリアブラックで全体の色味を調整
構成がシンプルなので、立体感を意識して塗装しました
肌はいつもより、多く色を重ねて少しピンクというか赤味のある質感にしました

あと、アクリルのベース台はご要望で地震対策で少し大きめにしてます
最近は、どこで地震があってもおかしくない感じなので
そういうご要望も全然OKです

それではこちらからどぞ WAKKER
P9236873a.jpg


私事ですが、またPCトラブルーー!
バックアップ用のHDDが繋がらなくなりやしたー
アクセスするとこんなメッセージが
IMG_221400a.jpg

さかのぼって考えると先日の台風での停電のあとなんですよね・・
停電復旧した直後はPCは無事だったので、良かったと思ってたんですが、
しばらくして突然動作が重くなったなと思いきや、そこから徐々に
おかしくなってきた感じです
そんで、ランプが点滅したままでとうとう繋がらなくなってしまいました
まあでもホントの原因はわかりませぬ・・わかるはずもありませぬ

PC自体は普通に問題なく動作していて(時々激重になりますが・・)
バックアップ用のHDDのみの話なので、そこまでの致命的な支障はないわけですが
まあ大事なデータも含んでいるので、なんとかならんかな~と

かといって、何万も払って業者に復旧依頼するほどのものではないので
こりゃ廃棄かな・・・と諦めてましたが、ネットで調べてると
上の画像のように”パラメーターが間違っています”の場合は、
復旧できることもあるとのことだったので
ダメ元でやれることはやっておこうと試してみました

試したのはchkdskというWindowsに入ってる修復プログラムです(うちのはWIN7)

ネットの解説を見ながら、いざ開始してみましたがうんともすんともせず・・?
プログラムが動いてるのかどうかもわからない感じですが、しばらくすると
動いてることが確認できました
で、なんだかんだで完了するまで24時間以上かかりました・・
”ボリューム ビットマップ エラーを修復します”
ってやつがめちゃくちゃ大量に出てきて時間がかかりました
あまりに長くちょっと不安でネットで調べてみましたが
やっぱり時間かかるみたいで、私以上にかかってるのもありましたね
ちなみに不調のHDDは2Tですが800G以上は空いてました

プログラムは最後まで完了したものの、HDDのランプは点滅したままで
繋がらないままだったので、やけくそでもう一回やってみましたが、
次はメモリが足りないとかで途中でストップ
しつこく、もう一回やってみたら次は最後まで完了しました
ですが、やっぱり繋がらず・・・
うわ~もうダメかと思いつつ、でもなんか根拠のない繋がりそうな
感覚があったので、他になんか方法がないかなとしばらくネットで調べてたら、
HDDのランプの点滅が止まり普通に点灯
これはもしや・・とアクセスするとなんとか繋がりました
何が起こった??って感じです
しかし、めちゃくちゃ激重!!
この重さは実質使いものにならないレベルですが、なんとか中のデータは
抜き出せそうなので、少しづつコピーしてますが1Gで30分もかかって
しまうので、気長に救出してます・・
とりあえずそれが終わったらフォーマットしてみよ

念には念で、バックアップのバックアップも必要かもですね
特に仕事のデータがぶっ飛んだらヤバイですしねえ
四の五の言わずに備えましょう!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アンデルセン神父 完成~ [ガレージキット製作など]

早くも7月も終わりですね
猛暑に台風に大雨に地震などなど・・
なかなか快適に過ごせない日々が続きますが
がんばって乗り切ってまいりましょうー(お前誰やねん)

ということでUPしました
帝国外渉官さんのアンデルセン神父です

古いキットのようですが、躍動感あるポージングで迫力がありますね
パーツの方は、昔ながらのキットという感じで気泡は多めでした
今回はいろいろ細かいご要望がありましたので、それに準じて
キャラに寄せるよう仕上げさせていただきました

まず顔ですが、いただいた参考資料と比較してキットの顔は
おとなしい表情だったので、キャライメージに近づけるべく
いやらしいニヤリ感を出すために口を横に大きくしてみました
いじったのはそこだけです
基本的に、元の造形をいじくりたおすのではなく、あくまで最小限度
のいじりで最大の効果を出すというスタンスです
(効果が出てるかどうかの判断は依頼者さんに任せるとして・・)
あとはヒゲやシワなど、塗りというか描いて表現しました
カッコキモい感じを目指しましたが、その雰囲気が出ていればいいのですが・・

ちなみにメガネはキットに付属されていませんので、依頼者さんが
ご用意されたエッチングを使用し、レンズは生セルを切り出して貼ってます
写真で見るとレンズ無いように見えますが・・

あと、ポーズ的に見えづらいですが十字架のネックレスは
鎖の部分がキットには含まれないので、こちらもご用意いただいた
ものを使用させてもらってます

腕のボタンは、形がもやっとしてたので全て削り取り
市販のプラパーツに置き換えましました(そっちの方が断然楽なので)

色ですが、こちらはご要望でアニメの色に寄せる方向で
まとめさせていただきました
全体マット調でオーソドックスな感じですがシンプルなデザイン
なので、グラデは少し強めにしてメリハリつけました
手の甲の文字、模様はご要望でしたので手描きしました
もう今はこういう細かい描き作業にはルーペは欠かせませんねー
ピントがもう合わない合わない・・
と言っても、うちのはハズキじゃないけど!

それではこちらからどぞ アンデルセン神父
P7296516a.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アルトリア(オルタ)ドレスver. 新宿編 ジャンヌ・オルタ 完成~ [ガレージキット製作など]

いや~早いですわ~
もう7月ですか・・
今年も厳しい季節が始まります
暑いと頭が回らなくなるので苦手どすー
ですが、夏のクッキリとした空色と立体的な雲
の空は好きです
ということで2体UPしました

まずは、PRIMAL HEARTさんのアルトリア(オルタ)ドレスです

キットですが、気泡もなくパーツの合いも全く問題なく
いつもどおりの高品質でした
パーツ構成もシンプルなので、初心者でも安心して組めるのでは
ないでしょうか・・・サイズ的にも小さすぎず大きすぎずな
感じで、写真よりも実物の方がずっと上回ってる気がします
何より細部にわたって配慮され、丁寧に造形されてるのが
伝わっていきますね
素晴らしいです~

塗装ですが、完成見本を参考に仕上げさせていただきました
色的には特にどうというところはありませんが、気を使ったのは
服はツートンなんですが、ぱっと見黒一色に見えるようまとめたところです

肌の色は撮影後にもっと白くても大丈夫だったかな・・・
実は肌は色が乗りすぎてしまったので、塗り直したんですけど
もっと白くても大丈夫だったかもしれませんね(写真で見ると特に)

服のエングレービングはファレホで筆塗りです
瞳ですが、情報がハイライトなしの瞳孔のみなので難しいー
こういう瞳の場合、0.1mmのズレでもえらいことになるので
かなり気を使いましたがどうですかね~
個人的にはかわいく行けたと思うんですが・・

それではこちらからどぞ アルトリア(オルタ)ドレスver.
P6296220a.jpg


次は夢のカグツチノ公国さんの新宿編 ジャンヌオルタです

こちらも品質に関して何も問題なしですー
首周りのパーツ構成が少し凝っていて感心しました
なるほど~って感じです
剣の飾り(絡んでいるギザギザのパーツ)が最初どう付くのか
全然わからず焦りました~
1/8とサイズ的には小さいですが、作り込みがスゴイので
写真で見ると全然小さく見えないですよね
ある意味、極まってる感ありますね

塗装ですが、こちらも完成見本を模す方向でまとめました
ジャケットはネイビー系のレザーの質感をイメージしてます
なので、適度なツヤ感が欲しかったわけですが、ここは
クリアのツヤ感ではなくパールのキラキラ感を応用しました
想像した質感、色が出せて気に入っている部分です

首周りと手首のふさふさは黒ベースにシルバーでドライブラシ
した後、クリアブラックで馴染ませています
なんでシルバーなのかというと、なんとなくです・・
いや~論理的に説明できればいいんですけどね
なんか感覚的にいっちゃってます

パンツは、細かいモールドが施されているので
シャバシャバの塗料を筆でスミ入れのよう流す感じで色を乗せました
ブーツはアクセントになるようツヤツヤの黒です
クリアを2回ほどコートしました
う~ん、カッチョいい造形ですね~

それではこちらからどぞ 新宿編 ジャンヌ・オルタ
P6296318a.jpg


ということで、今週中には製作代行の受付を再開できそうなので
またよろしければおねげえしますー

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

水城不知火 完成~ [ガレージキット製作など]

ふ~ようやくUPしました
炊き合わせラボさんの水城不知火です

ポールダンスチックな挑発的なポージングですが
なんともボリューミーなお胸ですね~
キットの作りですが、多少気泡はありましたがパーツはキレイです
パーツ構成も程よいパーツ数で、合いも良く組みやすかったです

武器のポールは、キットに含まれないので各自用意しないとダメです
今回はアルミパイプを少し磨いて使用しました

ベース台ですが、ロゴを入れて欲しいとのことでしたので
プリントアウトした物を、アクリル板二枚で挟みこんでます

塗装ですが、完成見本とキャライラストを参考に
まとめさせていただきました
全体的には、完成見本のニュアンスを模す感じですね
マットな仕上がりではなく、ツヤを残した方がキャラに合ってるかなと
感じたのでそうしています

白い部分はパールホワイト
腕や足の鎧部分は、暗いところはブラックの下地にパールホワイト
明るいところは、GXホワイトシルバーです
イラストでは白なんですが、完成見本のシルバーの質感も捨てがたく
その間を取ってホワイトシルバーを・・(って安直~)
そこはさておき、このシルバーは初めて使ってみましたが、
塗料の見た目が、ザラザラのホワイトって感じでどうなんだかな・・・
と思いましたが、いざ塗ってみると
キメの細かい明るいシルバーって感じで好印象です
個人的にはアリですね

胸などは、肌色を塗装後クリアブラック、クリアブラウン、クリアピンク
で調色したクリア系のダークブラウンで少し透けた感じを
意識しつつ色を乗せていきました

それではこちらからどぞ 水城不知火
P6026051a.jpg


あと、今月末ころには製作代行の受付を再開予定です
またその時にはこちらでもご案内させていただきますので
よろしくお願いしますー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | 次の10件 ガレージキット製作など ブログトップ